Blog

東京都板橋区にお住いのM様からご依頼です。

お車は、VW ゴルフⅤジェッタ。

DSC01956

このジェッタは曲者です。

ルーフライニングの形状が特殊でリヤガラス側のCピラーに繋がるヶ所が極端に長く、通常のセダンと同じようには出来ません。

本来はリヤガラスを外した方が良い車種です。

M様にもガラスを外さない方法だと、どうしても出し入れの際に無理に天井ライニングを曲げないといけないので皺が入ります。

と予めご了承いただきお受けしました。

(before)

DSC01957

他のゴルフⅤ系同様にルームランプの手前から剥がれています。

DSC01958

DSC01959

念入りに内装の養生を行い、作業開始。

DSC01962

革を傷つけない様にコーナー部分はタオルで保護。

DSC01963

張替え。

DSC01964

新品生地。

DSC01965

接着してトリミング。

DSC01966

DSC01967

再びリヤの角部分をタオルで保護。

DSC01968

普通のセダンよりかなり無理しないと入りません。

(after)

DSC01969

皺はどうしてもできてしまいますが、そこは生地の剥がれや垂れはないので我慢していただきます。

DSC01970

ランプ類の点灯チェックもOK。

納車してM様にご確認いただき終了です。

ジェッタの張り替えをガラス脱着なしで行うのは、予め皺ができる事をご了承の上でご依頼下さいます様お願い致します。

その分、修理費用は抑えられますので勘弁してほしいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

カテゴリー