Blog

東京都港区にお住いのK様からご依頼です。

お車は、ベントレー コンチネンタルGT。

DSC01079

定番の!?本革性ヘッドライニングの剥がれによる弛み、張り替えではなく張り直し修理です。

ご予約日の朝、お車を引取りに伺いました。

DSC01078

当店では、数台の施工実績がありますが、毎回の如く時間がかかる車種です。

養生からはじまり、部品脱着の時間も多めに考慮します。

とにかく丁寧に行わないといけません。工具でガリッとさせたくはないですから・・・神経を使います。

部品取り外しにも厳重な養生を行います。

(before)

DSC01082

DSC01083

センターパーツを挟んで両側が弛んでいますね。

DSC01085

配線にも注意。

レザーを剥します。

DSC01087

レザー(車内の表皮)の裏側に存在するウレタンが剥がれの原因です。

従って、貼り直しと言っても張り替えより時間の掛かる作業となります。

新品ウレタンに張り替え、更に、表皮を貼り直します。

DSC01089

レザー裏も下処理を行うため、ここまででかなりの時間を要します。

(after)

DSC01096

修理の終わった、ヘッドライニングを車内に戻し、取り付け作業。

これも、また気を使い慎重に行うので大変です。(部品のクリアランスもシビア・・・)

DSC01098

最後にルームランプの点灯確認を行い、OK。

DSC01099

すっかり夜になりましたが、納車してK様にご確認いただきました。

ご満足いただけ頑張った甲斐がありました。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

カテゴリー