Blog

埼玉県所沢市の中古車ディーラー様からご依頼です。

お車は、フェラーリ F430。

出張で施工させて頂きます。

360モデナと同様に、本革ルーフライニングは剥がれてしまいます。

シートやドアは綺麗です。

ルーフを見ると?

(before)

完全に剥がれていて落ちる寸前。

内装がフル本革なので傷に注意です、十分な養生を行い作業開始。

二名で確認しながら部品を外していきます。

パーツを汚さないように離しておきます。

通常の車と違いフェラーリはルーフライニングがボード状ではありません、直接ボディに接着されています。

これは?

本革製ルーフライニングの裏側。

今回も、ウレタンの厚みを計り純正同様の厚みに調整しました。

レザーに貼っていきます。

準備が整ったので車内を養生。

専用の接着剤を吹き付けます。

位置を合わせて、一発勝負!

やり直しも途中でずらす事も出来ません!

轟音とともにランボの調整を行っているようです。

排ガスをもろに浴びてしまうので小休止。

(after)

部品を全て元通りに組み直しました。

天井もばっちりです。

ご担当者様に確認していただき無事終了。

実は都内の有名店様です。

また、珍しい車種のご依頼を楽しみにしたいと思います。

フェラーリオーナー様、天井の剥がれでお困りでしたらお気軽にご相談ください。

受付はメールとなります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。

カテゴリー