Blog

東京都江東区にお住いのT様からのご依頼です。

お車は、VW パサートワゴン(ヴァリアント)。

ネット検索され、当店でご紹介した以前の記事にたどり着いたそうです。

お困りなのは、レザーシートの中から謎の粉が出てきてしまいおさまらない症状です。

何故か、前席は平気だそうですが、後部座席は掃除機でいくら吸い取っても粉が出続けます。

それもその筈、内部のウレタンが劣化して粉状態になりパンチング穴から出てきてしまうのが原因だからです。

原因を取り除くには、シートを降ろし、分解して劣化したウレタンを取り除くしかありません。

結構大変な作業です。

DSC01575

お預りします。

(before)

DSC01576

確認すると粉が出ているのが分かります。

DSC01577

 

先ずは、シートを外して降ろします。

DSC01578

次に、表皮を剥していきます。

座面から。

DSC01579

DSC01580

DSC01581

表皮裏側に縫い付けてある白い部分が原因の劣化ウレタンです。

DSC01582

大変な状態。

DSC01583

綺麗に取り除きます。

DSC01584

エアブローで飛ばします。

DSC01585

今度は、本体のウレタンに同じように追加していきます。

DSC01586

こうしないと座面のふっくら感が出ません。

そして、元に戻します。

DSC01588

次に、背もたれ部分を解体。

DSC01589

DSC01590

こっちは、袋からバサバサと粉が落ちてきます。

DSC01591

掻き出したり、飛ばしたりして綺麗にします。

DSC01592

同じようにウレタンを追加してから元に戻します。

DSC01593

表面もウエスで吹き上げてから、取り付け作業。

(after)

DSC01594

ふっくらした感じになりました。

DSC01595

作業自体は、地味なクリーニング主体。

しかし、粉の凄いこと!

ほっとくと喘息になるんじゃないか?って程で、絶対にお子さんは乗せられないと思いました。

前席はヒーター付のパワーシートですから作業もより大変で、工賃も安くは出来ません。

但し、レザーシート自体が高価なので交換や乗り換えを考えると修理でも良いかもしれません。

DSC01596

納車してT様にご確認いただき、写真もお見せしてご説明しました。

ふっくらと座り心地も良くなったので、大変喜んで頂けました。

まだまだ乗り続けるとの事でしたから、T様「転勤前に間に合ってよかったですね。」

DSC01597

 

同様の症状でお困りの方、お気軽にお問合せ下さい。お見積りはメールで承っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

カテゴリー