アストンマーチン DBS ヴォランテ(V12) ルームクリーニング&メンテナンス 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都世田谷区にお住いのH様からリピートのご依頼です。

お車は、フェラーリ 458スパイダーからアストンマーチン DBS ヴォランテにお乗り換えされていました。

H様とはフェラーリの前にお乗りだったアストンマーチンからのお付き合いですから、再びアストンに戻った形です。

流石アストン、長年ジェームズ ボンドに愛されている名車の所以か、超高級なスーパーカーでありながら気品を感じます。

ご依頼内容はルームクリーニング&保湿メンテナンスです。

(before)

シートやドア等の所々に白い染み状の汚れが見受けられます。

写真だと分かりにくいのですが肉眼でも分かるので気になります。

フロアカーペットを出してバキューム。

シートの汚れは表皮を傷めないように専用の洗剤で少しづつ消していきます。

どうもファンデーションや日焼け止め等の化粧品系の汚れだと思われます。

汚れを落とした後は保湿クリームを塗りこみます。


浸透していくように暫く放置。

仕上げに拭き上げ。

しっとりした艶感は暫くするとなくなりマット感が戻ります。

また、保護効果により汚れも付きにい状態となります。

(after)

H様にご確認いただき無事終了です。

今日は、H様のウブロ ビッグバンサファイヤ を腕に巻かせていただきました。

想像よりも軽くてびっくり!色褪せなくて傷もつかない透明感はサファイヤケースならではの高級感がありますね(*^^*)

ジャガー XJ8(X350)  ルームクリーニング 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都杉並区にお住いのY様からご依頼です。

お車は、ジャガー XJ8(X350)。

出張作業によるルームクリーニングです。

ご自宅ではなく青山のオフィスに伺い、作業を行う事になりました。

事前打ち合わせでヒアリングした所を重点的に行います。

先にマットを綺麗に。

誇りを飛ばして掃除機。

フロアーカーペットも綺麗にします。

ステップやペダルも汚れを落としてピカピカにします。

(before)

レザーシートは洗剤の希釈率を調合した専用洗剤でクリーニング。

(after)

長年蓄積された汚れを落としてすっきりです。

Y様が気にされていたダッシュやドアには特殊ワックスでほんのりと艶出し。

自然な艶感が復活しました。

Y様にご確認いただき喜んでいただきました。

フェラーリ 458スパイダー ルームクリーニング&リペア(レザーシート&ドアトリム)後編  東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

前回の続き。

H様のフェラーリ 458スパイダー。

お宅に伺い出張施工として承りました。

クリーニングとドアトリムリペアが終わって、次はシートです。

(before)

運転席のコンソール側サイドサポート部分に、リペア跡の妙なテカりと傷の残りがあります。

クリーニングでは取れなく綺麗にならないためリペアを行います。

下地を整え、塗装による仕上げ。

(after)

表皮自体は痛みもなく柔軟性も十分です。

従って革の塗装面を部分的に作り直すイメージです。

リペア工程が終了したので、最後の仕上げにレザー用の保湿メンテナンス剤で保護します。

丁寧に塗り込みます。

暫く放置。

綺麗なウエスで拭き取ります。

しっとりとした質感になります。

この光沢も施工時のみで、徐々に落ち着いて新車時の様なマット感になります。

H様にご確認いただき終了です。

 

 

 

今日はIWC。

フェラーリ 458スパイダー ルームクリーニング&リペア(レザーシート&ドアトリム)前編 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都世田谷区にお住いのH様から久しぶりのリピート依頼です。

お車は、フェラーリ 458スパイダー。

美麗なボディは全面ラッピングされています。

先ずはルームクリーニングからスタート。

綺麗な状態ですが、H様が気にされている箇所を確認します。

(before)

運転席側ドアトリムの上面の際、特に何かが擦れる感じではないですが、擦れたように色が抜けていました。

助手席側も小範囲ですが同様の症状です。

約40cm程度の長さで所々擦れています。

マスキングして下地処理を行います。

ウェザーストリップをマスキングテープで巻き込み塗料の付着を防止します。

塗料を調合作成。

(after)

塗装仕上げ。

綺麗になりました。

 

後編に続く。

 

 

 

 

 

 

ベントレー コンチネンタルGT ガラスコーティング&ホイールリペア&内装クリーニング 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

M様のベントレー コンチネンタルGT。

ホイールのガリ傷リペアとガラスコーティングが仕上がり、取り付けに行きました。

(before)

DSC04100

(after)

DSC04173

DSC04174

結局、傷を直したホイールは二本、残りの二本は洗浄を行い、四本共ガラスコーティングを施しました。

(before)

DSC04177

そのまま、お車をお預りして今度はボディの磨き&ガラスコーティングです。

一泊二日のお預り。

写真 2 (1)

ボンネットやルーフはラッピングされている為、マスキングしてから磨きます。

(after)

DSC04185

深い艶が蘇りました。

DSC04186

納車前に、内装もクリーニングを行いました。

DSC04183

専用のメンテナンス剤も塗り込みと拭き上げ。

DSC04184

DSC04188

M様が気にされていたシートも綺麗になりました。

DSC04187

DSC04190

限定車だそうです。

納車してM様にご確認いただき、とても喜んでいただきました(*^_^*)

今回の施工内容は、ホイール~ボディ~内装まで多岐に渡ります。

この様に、お車を乗り換えられた際に、お任せいただきトータルで綺麗にする事も承っております。

打ち合わせ後に内容を決めて、日程のご予約~施工~納車となります。

詳しくは、メールでのお問い合わせのみの対応となります。(電話で価格や納期はお知らせできません)

 

 

ポルシェ 911(997)カレラS ルームクリーニング 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

杉並区のいつものお店から依頼です。

お車は、ポルシェ 911(997)カレラS。

綺麗なボディカラーですね~。

DSC03150

納車が決まっているお車ですが、お客様のご要望で当店をご指名されたそうです。

ルームクリーニング。

既に綺麗な状態なのですが、気持ち良く乗って頂ける様に点検を兼ねてクリーニングしていきます。

DSC03152

先ずは、フロアマットを外してクリーニング。

DSC03155

DSC03157

刺繍部分も綺麗になるように。

DSC03158

吹き上げたウエスを見る限り大した汚れは付いていません。

DSC03162

続いて、エアーで埃を飛ばして掃除機掛け。

DSC03163

レザーシートは洗剤の種類を使い分けてブラシで汚れを浮かして拭き上げていきます。

DSC03165

最後に細かいところの拭き上げ。

DSC03168

ステップは、カレラじゃなくて見慣れないスペルですね?

「カルモナ」と読むみたい、カルモナレッドと言う外装色の呼び方のようです。

DSC03170

とても状態が良く新車の雰囲気もある個体なので、お客様にもその雰囲気を感じていただければ嬉しく思います。

社長チェックもOKで終了。

DSC03151

 

 

 

 

 

フェラーリ 348 TS レザーメンテナンス&ガラスコーティング 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

いつもお世話になっている杉並区のお店からのご依頼です。

お車は、フェラーリ 348 TS。

DSC00585

タルガトップの綺麗な車両です。

内装の傷みも無くとても状態の良いディーラー車。

革がやや硬くなってきているのでクリーニングと保湿メンテナンスを行います。

また、ガラスコーティングもですね。

DSC00594

表面の汚れ(殆ど無いですけど・・・)を落として、から保湿剤を塗り込み、暫く放置して乾拭き。

DSC00594

ボディはオリジナルの塗装表面を傷めない様に注意して作業します。

DSC00590

DSC00597

良い感じにピカピカになりました。

DSC00598

ご興味をお持ちの方、ご相談、お見積りはメールで受付しております。

 

 

 

BMW 635CSI(E24) 後編メッキモール、レザーシートメンテナンス 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

前回の続きです。

DSC00073

E様のE24、フロントと両サイドのメッキモールリペアを行い綺麗になりました。

今日は、リヤガラス周りとバンパーのメッキモールリペア。

そして、本革レザーシートのクリーニング&保湿メンテナンスです。

(before)

DSC00190

DSC00191

DSC00192

DSC00193

前回同様に、マスキング~研磨~磨き~脱脂~コーティング、と進めていきます。

DSC00194

DSC00195

この車のメッキモールは大きくアールを描いてラウンドしており凝った作りになっています。

平板な面構成ではないので製造コストも高そうです。

E様は、前々からメッキの曇りが気になっていたそうです。

(after)

DSC00207

DSC00205

DSC00201

DSC00206

外装のメッキパーツが綺麗になるとシャキッと引き締まった印象になります。

特にメッキが多用されている車は、違いが顕著に現れます。

当店は、腐食の度合いに合わせて施工方法を変えながら作業していきます。

基本は手作業で行います。

理由は、パーツの形状や繋ぎ目、細かい所まで、汚れやメッキの状態、キズ等を見分けながら丁寧に行うには欠かせないからです。

従って、それなりの時間が必要となり、格安の作業工賃にはなりませんが、丁寧さを売りにしているのでお客様に喜んでいただけると嬉しく思います。

次は、内装です。

DSC00196

レアなバッファローレザー内装車です。

バッファローレザーは通常の本革と違い汚れが染み込んでしまいますが、E様の車は綺麗な状態を維持されていました。

表面の汚れをブラシやウエスで拭き取ります。

仕上げに保湿メンテナンス剤を塗り込みしばらく放置。

DSC00197

乾拭きして余分な油分を取り除きます。

DSC00198

良い感じになりました。

普通の塗装革とは違い保湿剤の吸収がとても良いのでしっかり吸い込まれていきます。

その分、自然に油分の揮発もしやすいですから、定期的なメンテナンスが必要です。

革の劣化は本来の油分が抜けて乾いてくることから硬くなったりヒビ割れを起こしてしまいます。

靴やバッグ等に使われる染色された皮革と同じ扱いとなります。

バッファローレザー内装車にお乗りのオーナーさんは、十分なメンテナンスをしてあげて欲しいと思います。

DSC00200

 

レクサス RX450H ルームクリーニング&消臭・除菌・抗菌&レザー保湿メンテナンス 東京・杉並 自動車内装修理専門店 なるほ堂

東京都港区にお住いのI 様からのご依頼です。

出張でお車のルームクリーニング&消臭・除菌・抗菌&レザー保湿メンテナンス施工となりました。

某有名高層マンションです。

セキュリティが厳しいですね、駐車場に入るのにも一苦労。

I 様と待ち合わせしないと入れてもらえません(笑)。

駐車場内には所狭しとスーパーカーがずらり!

圧巻ですね、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ、ベントレーにロールスロイス、マクラーレンまであり、まるでモーターショーさながらです。

流石に写真は撮りませんでしたが目の保養になりました。

I 様のお車は、レクサス RX450H。

DSCF4595

洗車場スペースで作業開始です。

(before)

DSCF4596

よく見ると結構汚れが付いています。

マットやフロアーカーペットにもシミがある状態。

DSCF4600

DSCF4599

DSCF4608

レザーシートもベージュ系なので汚れが目立ってしまいます。

DSCF4597

DSCF4603

途中経過、座面↑と背もたれ↓。

DSCF4604

 

センターコンソールも綺麗にします。

DSCF4598

 

数種類のクリーナーを使い分けて作業していきます。

(after)

DSCF4610

DSCF4611

焼けたように変色していた染みも薄くなりました。

DSCF4612

DSCF4613

DSCF4607

↑の写真で背もたれに黒い境界が見えますがガラスの影です。実際は綺麗になっています。

クリーニングが終わったら、レザーシートには本革用の保湿剤を塗り込んでいきます。

DSCF4614

クリーニング後にこの作業はお薦めです、汚れ、油分を取り除いてからなのでより浸透していきますし、テカテカにはならずに、表面もしっとりした状態となり汚れも付きにくくなります。

一定時間をおいて乾拭き仕上げを行うのでベタベタにもなりません。

レクサスは、一部の仕様でセミアニリンと言われる塗膜の薄い柔らかい本革が使われていますから定期的にメンテナンスしてあげると革の寿命が伸ばせますね。

今回は、更に仕上げとして、光空気触媒による消臭・除菌・抗菌施工を行います。(レザーシート以外)

これも、24時間働き続ける優れもの、汚れも付きにくくなります。

今回は、レザー保湿剤と光空気触媒とを使い分けての施工ですが、レザーの上にも触媒は密着するので全面光空気触媒を施すケースもあります。

特に、新車に乗り換えたお客様はそうされます。

革も生きの良い綺麗な状態なので保湿剤は必要ありませんし触媒で保護されると効果的。

DSCF4615

マット~フロアー~車内と順番に、専用のエアガンで噴いていきます。

お子様を乗せるI 様にはピッタリな内容だと思います。

全ての作業が終了してI 様にご確認。

とても喜んでいただきました、私も嬉しい限りです。

時間と手間のかかる作業内容だったので、次男をバイトとして補佐に連れてきて正解でした。

ルームクリーニングや本革レザー内装車のメンテナンスも出張対応で承ります。

お見積りや詳細はメールでご案内しておりますので、お気軽にご連絡ください。

DSCF4616

ポルシェ 911(964) 本革ステアリング&レザーシート修理(擦れ)  東京・杉並 自動車内装修理専門店

杉並区のK様からリピート依頼です。

ポルシェ 911(964) ボディのガラスコーティングに続いて、ステアリングとレザーシートリペアのリピート依頼です。

DSC00648

 

施工前、ホーンパッドにもキズがあります。

(before)

DSC00641

グリップ部分は擦れています。

DSC00639

施工後、綺麗になりました。

(after)

DSC00643DSC00642DSC00645

運転席の背もたれサイドサポートです。

軽度の擦れですが、運転席なのでドアを開けると目に入ってしまいます。

(before)

DSC00637

OKですね。

(after)

DSC00646

リペアと同時にクリーニング&保湿メンテナンスまで行いました。

リペアの際は、施工ヶ所のクリーニングをして本来の色艶に合わせますから、同時に助手席のクリーニングをお奨めしています。

DSC00636