アストンマーチン DBSヴォランテ レザーシートリペア(傷) 東京・杉並 なるほ堂

横浜市の専門店様からご依頼です。

お車は、アストンマーチン DBSヴォランテ。

レザーシートリペアを行います。

(before)

販売が決まっている車両のようです。

全体的には程度良好なのですが、それゆえ所々の傷が気になってきますね。

新オーナーさんのリクエストでリペア依頼となったそうです。

傷の種類としては、擦れ傷、引っ搔き傷の2種類です。

ステッチは白なので要注意。

クリーニング後に、傷の深さや表面の状態を確認して最適な方法を考えます。

今回は、背もたれサイドサポートの傷は、深い引っ搔き傷と浅い擦れ傷とが混在しています。

深い引っ搔き傷のみピンポイントでレザーパテを使用し、擦れ傷はなじませるようにしました。

【レザーシートよもやま話】

因みにレザーは天然物ですから、1脚のシートの中に色んな表情が見られることもあります。元から多少の傷や皴、シボ感が違うヶ所があったり。

また、1枚の革で作ってはいないので、分割されているピースによっても表情が違っていたりします。

スムースレザーの車両用では、牛さんの血管や虫刺され跡も見られますよ、手作り感が微笑ましい(^^♪

個人的には、靴や鞄同様に味わいがあって好きですが、工業製品目線としてみる方には品質が悪いと感じられるのかも知れません。

気にされる方、均一な表皮じゃなきゃ嫌だ!って人は、SUV車に多く見られるようなシボのハッキリしたレザーシートがお勧めです。

加工により均一なシボが再現されています。

アストンマーチンは、あっさり加工系のスムースレザーが多いメーカーですね。

クラフトマンシップを重んじるからか、レザーシートでも個体差がある印象です。(良し悪しではありません)

皆さんも、レザー内装の車に乗っているのなら、革の表情を観察してみると、何か面白い発見があるかもしれませんよ(#^^#)

塗料を調合作成して、下地処理が済んだら密着性も確認します。

全てOKなら塗装工程。

(after)

終了後は、社長にご確認いただき撤収。

きっと新オーナーさんにも喜んでいただける事でしょう。

ご依頼後は、気分一新!今まで以上に愛着が増すよう、お手伝いさせていただきます!

一部ではございますがイギリス車の施工例は⇒こちらをご参照ください。

今日はセイコー プレサージュ七宝

BMW 330CIカブリオレ(E46) 内装リペア リフレッシュプラン後編 東京・杉並 なるほ堂

T様からご依頼のBMW 330CIカブリオレ、内装リペアの後編です。

先にセンターコンソールのカップホルダー周辺パーツをリペアしました。

取り外せるのと樹脂系素材なのでシートと同じ塗料は使えません。(前編を見てね)

シートを中心にクリーニングしてからリペアしていきます。

クリーニング後に状態確認。

(before)

主には運転席レザーシートとドアひじ掛けの変色をリペアする事になりました。

ステッチを保護して下地処理を進めます。

塗料もシート用に調合作成して塗装工程に。

(after)

助手席もクリーニングしたので全体的にリフレッシュされました。

全工程が終了したのでT様にご連絡。

引取りに来られたT様も甚く感激されていました!

明るいベージュ系のレザー内装ですから汚れや擦れが目立ってしまいますね。

終了後は、とてもスッキリさっぱりと明るい印象になりました。本来の高級感が蘇ったようです。

中古車を購入されるタイミングや車検を通したタイミングでご相談される事が多いレザー内装リフレッシュプラン。

ご依頼後は、気分一新!今まで以上に愛着が増すよう、お手伝いさせていただきます!

一部ではございますがBMWの施工例は⇒こちらをご参照ください。

BMW M3(E90) レザーシートリペア(擦れ) なるほ堂

東京都江戸川区にお住いのO様からご依頼です。

ありがたい事に、O様は以前からブログを見ていて下さり機会があれば依頼しようと思われていたそうです。

今回、中古車購入に伴いご連絡いただきました。

なので張り切って丁寧な施工を行おうと思います。

お車は、BMW M3(E90)。

(before)

革の状態や痛みの程度を確認しながら内容をご相談。

O様が一番気にされていた運転席の背もたれサイドサポート(擦れと劣化)と座面のサイドサポート(皴)をリペアする事になりました。

背もたれは、前オーナーの癖による劣化です。

乗車の際に手を背もたれに着けて乗り込む癖があったのでしょう。

劣化の位置(シートの肩付近)と状態(皮脂による劣化)により読み取ることができます。

明らかに衣服やシートベルトによる擦れではありません。

施工工程を逆算します。

サンディング後にレザーパテを入れる事を想定したマスキング方法が大切になります。

結果的に、ステッチを守りつつ、マスキングによる段差の無い綺麗な仕上がりになります。

要は、時間や工賃で考えるのではなく、手間暇を掛けて丁寧に行うと仕上がりイメージ通りの完成となる訳です。

座面は深い皴を浅くして目に付きにくいように処理しました。

こうする事で、リペアを行わないセンターコンソール側の革と表情が近くなり違和感が出ません。

むやみにひび割れや皴を消そうとすると、返って革の表情(シボ感や皴の入り方)が変わってしまい不自然な仕上がりになります。

また、革は柔軟性が有り動く素材なのでリペア後も皴はできてきます。その際に、パテでガチガチに固めた表皮では自然な動きができないので不自然な皴や破れにつながってしまいます。

(after)

綺麗に復活
座面

O様にご確認いただきご満足いただけました。

帰り際にお土産までいただいてしまいました(#^^#)

帰宅して家族でいただきました!

とっても美味しゅうございました。

O様、この度はご依頼下さり誠にありがとう御座いました。

今日は、気合を入れて ロレックス ハルク

マセラティ グラントゥーリズモスポーツ シートリペア(擦れ) なるほ堂

最近は秋晴れの気持ちの良い天候が続いてますね。

こんな日はテンションが高くやる気が出ますし良い仕事ができそうな気分になります。

いつもの輸入車専門店様からご依頼です。

お車は、マセラティ グラントゥーリズモスポーツ。

(before)

クリーニングして作業開始

(after)

担当、K氏にご確認いただき終了です。

今日は、パネライ ルミノールマリーナ

フェラーリ F355 レザーシートリペア(擦れ) なるほ堂

静岡県富士市の輸入車販売店様からご依頼です。

お車は、フェラーリ F355。

杉並の店舗に入庫しているタイミングでリペアをします、その後に静岡に陸送のようです。

内装の状態は良好

スイッチ類のベタベタは処理されており綺麗です。

運転席の背もたれサイドサポートと座面の側面は擦れていて気になります。

背もたれは衣服で擦れる場所ですし、座面の側面はサイドブレーキの操作の際に擦れてしまいます。

F355のシートではお決まりのパターンですね。

(before)

座面のひざ下コーナー部分も乗り降りで来れてきます。

座面の中央ひざ下部分には引っ掻き傷も見受けられます。

現状では傷の確認が不十分となるため、クリーニング工程ではしっかりと汚れを落とす必要があります。

その後は一旦乾燥させてから再度革の柔軟性や傷の深さをチェック。

各工程ごとにマスキングを行い実施します。

(after)

仕上げ工程を経て完了です。

あくまでも自然な仕上がりにしました、お車の雰囲気や年式、助手席とのバランスを考慮して手を入れたかどうかも分からないくらいにします。

革の特性や車種毎の違い、またオーナーやお店の好みを反映さた仕上げ方にしています。

社長にご確認いただき終了です。

今日の相棒はモナコ

ポルシェ 911ターボ(964) レザーシート リペア(経年劣化、ひび割れ) なるほ堂 

いつものポルシェ、フェラーリ屋さんからご依頼です。

お車は、ポルシェ 911ターボ(964)。

情熱の赤!

お馴染みの964です、レザーシートの全体的な劣化が進んだ状態をリペアして綺麗に復活させます。

(before)

見た目はかなり劣化が進んでおりひび割れもかなり多いです。

しかし、意外にも見た目の割には革の柔軟性が残っております。

それでもドライバーズシートの背もたれサイドサポート部分は擦れが酷く破れる寸前でした。このまま放っておくと間違いなく大きく破れてしまいます。

破れる寸前の箇所が少なくても2ヶ所

クリーニングしてからもう一度確認します。

硬化している表層は取り除きレザー用のパテで修正していきます。

下地処理工程は複数回を経て仕上げないと後で不具合の原因になってしまう恐れもあります。

(after)

劣化によるひび割れや破れそうな部分は修正しつつ自然にできる天然の皴はある程度残してリペアします。

あまりつるつるにしてしまうと助手席とのバランスが取れなくなるので注意しながら綺麗にしていきます。

痛みの進んだドア側のサイドサポートをケアします

どうしても乗り降りの際に擦れてしまうドア側のサイドサポートはしっかりとリペアして、センターコンソール側のサイドサポートは質感を合わせるように必要最低限のリペアを行いました。

今回はサイドサポート部分のみリペアしました、パンチング加工されたセンター部分は塗装もしていません。

色も艶も合わせているので違和感はありません。

シートリペアでは全塗装しなくても問題ないのが普通です、全て塗装されている場合は、よほど全体的な劣化や変色があるか?あるいは色が合っていないがために全て塗装したか?技術的な問題が考えられます。

社長にご確認いただき終了です。

今日の相棒はモナコ

メルセデスベンツ S400 レザーシートリペア(表皮捲れ) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

いつもお世話になっているドイツ車系の輸入車販売店様からご依頼です。

こちらのお店は非常に程度の良い車両のみ取り扱いしており、少しの内装傷も補修して販売されています。

お車は、メルセデス ベンツ S400。

(before)

塗料を調合作成して下地処理を行います。

(after)

ステッチに付着しないように処理しました

完全な部分リペアなので色調の正確な再現が必要です。

担当K氏にご確認いただき終了です。          

今日のリストショットは、出番の少ないカジュアル機械式のマーヴィン。

日本から撤退したのか?全く見かけなくなりました・・・

 マーヴィン マルトン160

ジャガー XKRコンバーチブル(X100) レザーシートリペア 後編(深いひび割れを再施工) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

ジャガー専門店のX100

昨日、下地をサンディングする工程までは終わりました。

ここからは残った皴やヒビを細かく削ったり埋めたりしていきます。

レザーパテを入れて整えます

薄く薄くレザーパテを入れて整えます。

均すようにサンディング

事前に調合作成しておいた塗料で仕上げていきます。

(before)

3mm以上はある深いヒビ

硬化した塗膜が革の柔軟性に耐え切れず割れています、まるで干ばつ地帯の大地のように反り返っていますね。

(after)

見違えるように復活(*^^*)

最もダメージの大きかった背もたれのサイドサポート

(before)

施工前の座面

(after)

綺麗になりました。

同じ角度で撮影したいるので、違いがよく分かるのではないでしょうか?

指で押しても自然な皴の出方

社長には、毎回、施工方法や範囲などを全てお任せいただいているので仕事がやりやすい環境です。

今回は特殊なケースなので2日間の時間をもらい作業しました。

逆に、信頼にお応えするべく丁寧な作業を行っています。

基本的に、私の施工は、仕上がりや耐久性、お客様の考えを重視します、単に「早い‣安い・上手い」といった耳障りのいい事は決して言いません。

安さや早さだけをお求めなら他社様にご相談される事をお勧めしております。

お客様の使い方(毎日乗るのか?年に数回なのか?1人で運転席にしか乗らないのか?家族で乗るのか?)や今後の考え(コレクションとして保管?最低10年は維持したい?次の車検まで?)

ヒアリングした上で最適な内容をご提案しています。

先ずはお気軽にご相談ください。

無事に終了して撤収。

                                                                                                                                                今日は、モナコでした。

ジャガー XKRコンバチ(X100) レザーシートリペア 前編(ひび割れ、剥がれ) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

いつものジャガー専門店様からご依頼です。

お車は、ジャガー XKRコンバーチブル(X100)。

(before)

全体的な汚れとひび割れのようです。

背もたれはコンソール側(内側)もひび割れ
かなり深いひび割れ

何だか嫌な予感が(;^ω^)

 クリーニング後に再確認する必要がありそうです。

座面も広範囲のひび割れ
座面ドア側も深いひび割れ
普通はなかなか見られない所まで

座面も広範囲なひび割れ。

全体的な汚れを落としていきます。

原因判明!

原因判明しました!

広範囲なリペア痕(補修痕)が更なる悪化を招いていました。

皺の出方も違います。

下地処理が中途半端なため、再塗装の膜が厚くなり深いひび割れを引き起こしています。

この状態を綺麗にリペアするには、一度本来の下地(革の銀面まで)まで溶かし落とすか削り落とすしかありません。

異常に深いひび割れ!

塗料自体もレザー用なのか?怪しい感じです。

革の柔軟性に対応可能な柔らかく追従する塗料である必要があります。

通常のリペア施工では傷んだヶ所のみの部分施工ですが、再塗装されている広範囲をやり直す事になります(-_-;)

溶かしきる事が難しい範囲なのでサンディングしていきます。

本来の皴が出てきました
革素材もだいぶ油分水分が抜けてボソボソしています
硬くなった塗膜を削り落としました

硬化した塗膜を削り落とすと指で押しても皴はでません。

残念ながら今日は時間切れ、翌日に持ち越し。

無理に終わらせてクオリティーを落とすよりも時間を掛けて確実な仕上がりにする事にしました。

ポルシェ 911カレラ(993) レザーシートリペア(擦れ、傷) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂 

いつものお店でシートリペアのご依頼です。

お車は、ポルシェ 911カレラ(993)。

入庫してから整備が続いています。

社長がドアトリムを外してハンドルのパッキンを交換していました。

運転席も外してありました。

(before)

傷んでいるのは運転席の背もたれドア側サイドサポート部分です。

擦れと傷にひび割れを確認。

表皮事態は柔らかい良い状態を保っています、恐らくガレージ保管かそれに近い環境だったのではないかと推測できますね。

全体をクリーニングして更に詳しく状態確認をしていきます。

汚れもうっすらとついている程度でした。

傷と擦れの部分補修、下地を整えていきます。

部分的な欠損も。

塗料を調合作成して塗装工程。

比較的難しい中間色です、国産車ではまず見られない欧州車特有の色味。

単なるグレーではなくほんのり色気を感じるようなラベンダー?ヴァイオレット?紫系のグレーです。

(after)

左右のバランスを見ながら仕上げました。

リペアした片側だけが綺麗になり過ぎないように、パッと見た際に自然で綺麗な印象になるような微妙なさじ加減です。

いい感じです。

社長にご確認いただき終了。

今日は、車も時計もドイツ。

ストーヴァ フリーガー。ロゴが全くないので非常に地味です(;^ω^)