Blog

千葉県千葉市の輸入車専門店様からのご依頼です。

お車は、フェラーリ 360モデナ。

DSC01263

ドイツ車に強いお店なのですが、フェラーリの天井剥がれはメカニックもお困りで、「専門店さんにお願いしたい」と当店にご相談されました。

ちょっと遠いのですが、出張施工となりました。

完全に天井のレザーが落ちてしまったそうです。

(before)

DSC01266

ウレタンだけが残っています。

この場合はベタベタのウレタンカスが落ちてしまうので念入りに養生をしないといけません。

また、天井部分に関連する部品もレザーなので汚れない様に、傷つけない様に細心の注意をして脱着していきます。

DSC01267

DSC01268

取り外し完了。

DSC01270

DSC01271

ボディに接着されているボードも剥がれたので取ります。

DSC01273

次に剥がれた革を再利用するので裏面を綺麗にクリーニング。

DSC01264

DSC01277

また、革とボディまでの厚みを測りウレタンを厚み分貼りあわせます。

通常の車と違い、ルーフライニングが無いので車内で接着剤をガン吹きしないといけません。

ですから、またまた養生に手間がかかります。

DSC01274

時間が無いのでお昼は目の前のコンビニで簡単に済ませ、作業再開。

DSC01278

ルーフの革はOKです。

再び部品を組んでいきます。

(after)

DSC01279

DSC01265

天井は無事に修理が完了しました。

最後にもう一度クリーニングチェック、ウレタンカスがベタベタなのでカーペットやシートについてしまうのです。

カスをとり、クリーナーで拭いての繰り返し。

なんとか日没前に終了。社長にご確認いただき喜んでいただきました。

DSC01272

帰りの高速サービスエリアで夕食、お土産も買って帰路につきました。

千葉なのでピーナッツかなっと。

DSC01281

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

カテゴリー