Blog

埼玉県戸田市の自動車関連業者様からのご依頼です。

お車は、ベントレー フライングスパー。

オールレザー内装ですので、ヘッドライナーも当然本革となり重さで剥がれてしまいます。

革を傷つけたり汚さない様に注意しながら剥して、再利用する修理方法となります。

DSC02275

メカニックの方が部品の脱着をされるので、依頼内容は貼り直し修理のみ。

と言っても、単に剥がれた所に接着剤を入れて貼りつけるだけではありません。

レザーが剥がれてきた時点で、内側のウレタンも劣化しています。従って上記の簡易補修では簡単に再発したり十分な接着力が出せない可能性もあります。

当店では、ボード側の下地処理を行いウレタンを張り替え、その上でレザーを貼り直します。

(before)

DSC02276

パーツの分割から行います。

DSC02277

レザーを剥します。

DSC02283

接着面となるレザーの裏側も下処理をしないといけないので時間が掛かります。

DSC02282

レザーとボードの間のウレタンを除去します。

DSC02285

一見傷んでいない様にも見えますが、字が書ける位ウレタンは劣化しています。

DSC02284

ボードの下処理も行い、新しいウレタンを貼ります。

DSC02290

フライングスパーは左右で分割なので両方。

DSC02292

レザーを貼り直す際は、位置がずれない様に注意!

(after)

DSC02293

表面の汚れも取り、完成。

社長にご確認いただき、OKだったので汚れない様にさっさと梱包してしまいます。

DSC02294

 

 

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

カテゴリー