Blog

群馬県にお住いのO様からのご依頼です。

お車は、フェラーリ 360モデナ。

DSC02354

オールレザー内装の天井部分が、ある日、突然落ちてきたとの事。

特にビス止めされていないパーツなので、急に落ちてきます。

この場合は、張り直し修理となります。

ご予約日の朝、遠方からお越しくださいました、感謝です!

DSC02356

(before)

 

DSC02355

ぐずぐずベタベタの劣化したウレタンのみ残っています。

DSC02357

剥がれたレザー。

DSC02359

十分な養生を行い、部品の取り外し作業開始です。

DSC02360

天井周りのパーツを外しました。

DSC02361

更にビニールで養生を行います。

DSC02362

ルーフの鉄板と内装レザーとの間には制振材が入っていますが、これも劣化により剥がれてきます。

DSC02366

ルーフのクリーニング。

地味に大変です・・・

無理な姿勢での地道な作業で汗だく、泣けます(-_-;)

しかし、耐久性に影響するため手抜きは出来ません!

DSC02367

レザーの裏側も綺麗にします。

DSC02371

ルーフと内装レザーとの厚さを確認します。

DSC02374

純正同様の厚みをウレタンで作成。

DSC02376

車内で接着剤をガン吹きするので、またまた養生を行います。

DSC02377

完璧と思える接着性の高さです。

位置合わせは一発勝負なので細心の注意をはらいます。

ミスは許されないのです・・・(接着が強力なので張り直しが出来ません)

再び部品の取り付け。

(after)

DSC02388

最後は、クリーニングです。

ウレタンカスはベタベタなので丁寧に取り除く必要があります。

DSC02385

全て終了して、O様にご確認いただきました。

DSC02387

遠方からご足労いただいたので、喜んでいただけて私も嬉しく思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

カテゴリー