Blog

千葉県船橋市にお住いのM様からご依頼です。

お車は、ボルボ V50。

DSC05351

サンルーフ部分(サンシェード)も剥がれてきたので、ご自分で剥してしまったそうです。

事前の打ち合わせにて張り替え生地をお決め頂き、施工日の朝、お持込。

移動しているとサンルーフ付近からのビビリ音が気になります(-_-;)

(before)

DSC05352

応急処置されていました。

DSC05354

DSC05355

荷室の上は、生地が捲れてきています。

養生を行い、部品の取り外しスタート。

DSC05357

DSC05361

車外に取り出してからは下地処理です。

DSC05362

DSC05365

DSC05366

DSC05367

お昼休憩を挟んで、張り替え。

DSC05369

純正と違い、裏面まで生地を折り返ししている為、端からも捲れにくいはずです。

DSC05370

続いてサンシェード。

DSC05371

(after)

DSC05372

綺麗に張り替えました。

傷つけない様に注意しながら部品の取り付け。

DSC05373

DSC05374

サンルーフの動作確認、ルームランプの点灯確認もOK。

納車してM様にご確認いただきました。

DSC05375

後日、M様からのメールで「ビビリ音が無くなって快適になりました!」と嬉しいご報告がありました(^O^)

 

※ サンルーフ付車両は、車種により対応の可否、価格が異なります。

  詳しくは、メールにてご相談ください。

  価格、日程に関しましてもメールでの対応で御座います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

カテゴリー