Blog

いつもありがとう御座います。

リピーターのO様から追加のご依頼です。

お車は、レクサス LS600H です。

ルームクリーニングやシート下のリペアは行ったのですが、本革シートもリペアしてくださいとの事。

DSCF4033

さっそく見てみましょう。

Bピラーから作業開始です。

写真を撮り忘れたので次・・・

レザーシートです。

運転席の座面と背もたれのサイドサポート部分。

皺が目立っています。

(before)

運転席の座面

 

DSCF4028

 

背もたれ

DSCF4029

助手席の座面

DSCF4030

レクサスはセミアニリンレザーという独自の本革だそうです。

確かに柔らかくて触り心地は良いですね。

しかし、ウレタンの硬さが原因なのか革の耐久性が原因なのかは定かではありませんが皺が出来やすいようです。

革が硬化している様子もないので施工方法はあくまでリペアヶ所とそれ以外の部分との触り心地を考慮して行います。

深い皺まで完全にとってしまう方法は、革の厚みが変わってしまい耐久性が落ちる危険があるのでほどほどにしました。

(after)

運転席の座面

DSCF4037

 

背もたれ

DSCF4036

助手席の座面

DSCF4035

助手席は皺が深くなかったのでほぼ新品に近い仕上がりになりました。

運転席も施工前よりはかなり目立たなくなりました。

O様、いつもご依頼いただきありがとう御座います。

本革シートは必ず革の状態を触りクリーニングして確認してから施工しています。

ガチガチに硬化してからひび割れてくると一気に破れてしまいリペアではなく張り替えになってしまいます、そうなる前にご相談くだされば以外に?綺麗になります。

お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

カテゴリー