Blog

東京都国分寺市にお住いのI様からご依頼です。

お車は、マツダ RX‐7。

純正のMOMOレザーステアリングをリペアします。

I様の気にされていたポイント。

(before)

スポーク部分。

右手のグリップで革の表面が減っています。

また、貼り合わせヶ所が捲れてもいます。

外周の下面にはけっこう深い傷。

外周の上部を中心にレザーの劣化によりガサガサにヒビ割れて擦れています。

全体的に汚れてテカリが目立ったので、しっかり皮脂汚れを落とします。

下地処理も時間をかけて入念に行います。

捲れているところは、レザー用の接着剤を差し込むように入れます。

開かないようにテープで固定。

深い傷はレザーパテを数回に分けて充填して埋めていきます。

内部が半渇きにならないように徐々に埋めます。

減っていた表面もパテで成形していきます。

だんだん形が整ってきました。

慌てないでじっくり構えて作業を進めます。

成形しながら段差も修正していきます。

裏面も整えておきます。

塗料はクリーニング後の綺麗な状態に合わせて調合して作ります。

マスキングは、ステッチに乗らないようにひたすら丁寧に行います。

時間が掛かる作業ですが辛抱強く。

(after)

殆ど分からないレベル。

捲れもなく綺麗になりました。

ガサガサもなくしっとり仕上げ。

I様のご要望は「張替えだとステッチも変わって雰囲気が変わってしまうので、リペアで可能か限り新品に近づけてほしい」との事。

部分的に切れているステッチを除いて表面レザーはかなり綺麗に新品に近くなりました。

I様が取りに来られて「凄い!完璧です」と喜んでいただきました。

純正品は希少価値があるようで、全く同じステアリングの状態のいいものは、軽く数万円するそうです。

リペアも時間を掛けての作業の為、安価ではありませんがご満足いただけて良かった(*^^*)

 

I様、更に追加で同じステアリングを同内容でご依頼されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。

カテゴリー