Blog

埼玉県ふじみ野市のN様からのご依頼です。

お車は、ボルボ V50。

お馴染みの天井生地の垂れを全面張り替え修理いたします。

DSC00740

初めに垂れ具合やランプ類の状態確認をします。

(before)

DSC00741

フロントシート側が膨らんで垂れていますね。

DSC00742

今のところ運転には支障がなさそうですが後ろからみても分かります。

ルームランプを取り外し中。

この辺はメーカーや車種により様々な固定方法だったりするので要注意です。

DSC00743

天井ルーフライナーを外に取り出して古い生地を剥します。

DSC00747

綺麗にウレタンカスを除去しないと接着できません。

そして、新しい生地を貼ります。

DSC00748

ルームランプ周りやアシストグリップ部分等の凹凸にも生地を皺なく貼っていくにはコツがあります。

再び車内に入れて内装部品を取り付けていきます。

(after)

DSC00749

センターのプレスラインがはっきり出てきました。

ルームランプの点灯チェックも終わり、OKです。

DSC00750

綺麗に仕上がりました。

納車時にN様にもご確認いただき喜んで頂きました。

輸入車の天井生地の剥がれ、垂れでお困りの方。

当店は、お客様のお仕事時間に合わせて引上げ~納車いたします。

例えば、夜お車の引上げに伺い翌日の夜納車。

お気軽にご相談ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

カテゴリー