Blog

暖かく晴れが続いているのでバイク屋に遊びに行きました。

近所に最近できたお店。(昨年か一昨年だと思います)

トライアンフ東京さん。

平日なのでたっぷりと試乗させていただきました。

トライアンフでは最も多くの試乗車を用意しているそうです。

見た目に惹かれるボンネビルボバーと性能に惹かれるストリートトリプル、特に私のXSRと同じ3気筒のストトリは新型になってからの違いが気になります。

水冷になった900ccのボンネビルT100と1200ccのT120。

T120 はかなりパワフル、思っていたよりも2気筒の鼓動感は薄く低速で走っていると速度レンジが合っていないような印象。

高速向きなのか?

逆にT100は、排気量もパワーも控えめなのに丁度いい心地よさ。

同じ排気量のスクランブラ―は・・・ニーグリップできなくて足が熱い・・・

一番楽しみにしていたボンネビルボバー。

見た目は最高!

跨ると!?

走って確信、私にはポジションが合わない((+_+))

腰痛が悪化しそうです。

フォワードコントロールのステップとバーハンドルの位置関係か?腰が辛い・・・

話を聞くと、腰痛持ちの人でもピッタリ合う人と全然合わない人に分かれるらしい。

エンジンも車体もしっかりしていて好印象でしたが残念です。

最後に、排気量UPした新型ストリートトリプルRS。

シリーズで最もパワフルでスポーティなRS。

相変わらず元気がいい排気音、ビシッとした車体に扱いやすくモリモリとトルクも出るエンジン。

安心してがっつり効くブレーキ。

しかも、高回転まで回すとテンションが自然に上がってしまう快音を響かせる!

あ~楽しい、回したくなってしまう。

この点だけは、私のXSRよりも断然刺激的です。(羨ましい)

同じ3気筒なのでちょって似ていますがストトリの方がポジションも特性もスポーティですね。

その分、ツーリングではポジションが楽なXSRに軍配が上がります。

結局、何台も試乗した中で特に良かったのはストトリRSとボンネビルT100。

タイプは真逆な2台。

一人は勿論二人乗りでものんびりまったり走ると楽しそうなT100。

ブレーキの効きは心もとないものの、スピードを出そうと思わない特性なのでそれはそれで慣れそうです。

モトグッチのV7を薄味に乗りやすくした感じか?(対してV9とT120も少し近い感じです)

T100を荒々しく個性を強くするとV7になりそう。

 

暫くは、二人乗りもするのでXSR900があっているのかもしれません。

頑張れば何とかのんびりも走れるし、低速トルクはストトリ以上にあるので扱いが楽です。

新型ストトリは、走りは最高に楽しい一台だと思う、しかし、ロングツーリングや二人乗りはしたくないかも。

また、排気量が765ccになってパワーアップしたけどキャラクターは変わっていない印象です。

ツーリング特性や二人乗りと低速はXSRが上、ブレーキと車重は互角で、電子制御と高速域の刺激はストトリが上、どちらも軽く十分以上に速く、2気筒や4気筒とは違う楽しさがあります。

 

次回乗り換えるとすれば、もっともっと旅に出たくなるようなのんびり走れる2気筒車にしよう(^^♪

 

Related Article

コメントは利用できません。

カテゴリー