Blog

乗り出して3年弱、車検を前に再びカスタムを進めています。

オリジナルのルックスは気に入っているのでデザインを崩さないように自分に合った仕様に。

テーマは、ヘリテイジスポーツツアラー。

XSRのカスタムって方向性としては、カフェレーサーかRZ系の旧車カスタムがほとんどです。

そんな中、人と被らづに地味で渋いツアラーを目指します。

ポイントは、ツーリングでの快適性をトレーサーに近づける事とチープにならないパーツ選び。

そこで、ワイズギアから発売されたばかりのパフォーマンスダンパーを予約して真っ先に取り付けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セローやSR用に出ていたそうで、車用も人気のようです。

試走してみた感想は・・・最高じゃないですか!

これほど違いがはっきり分かるとは驚きです。

元々、400並みに軽量で腰高な重心からひらひらと軽いハンドリングだったのですが、その反面あまり落ち着きはない特性でした。

それが、交差点を曲がる時にもしっとり感が出ました。

MT10SPに試乗したときに感じた、曲がりやすく良いサスのついた高級感のある乗車感にちょっと羨ましいと思いましたが、その感覚に近い気がします!

もちろん同じレベルではないけど、少し近い印象に感じるのは間違いありません。

高速に乗らなくても明らかに細かい振動が減って上質感が増しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サス交換よりは遥かに安価、費用対効果バツグンです。

購入を検討している方には、是非、お勧めいたします(^^♪

Related Article

コメントは利用できません。

カテゴリー