Blog

いつもの輸入車販売店様からご依頼です。

お車は、マセラティ グラントゥーリズモスポーツ。

クーペやグランスポーツの後継モデルですね

マセラティの弱点とも言える柔らかい内装の傷をリペアします。

(before)

破れて捲れています

近年のマセラティは、丈夫な本革と柔くて触り心地はいいものの傷に弱いシンセティックレザーをパーツにより使い分けています。

センターコンソールも本革ではないため、尖った物ではなくても、例えば鞄の底鋲が当たっただけで簡単に破れてしまいます。

交換すると高額なのでリペア依頼される事が多い箇所。

但し、シンセティックレザーでも様々な種類があるため、メーカーや車種により修理方法も工夫しなければなりません。

マスキングテープを使ってリペアします

塗料を調合作成して傷を補修しながら塗装で仕上げます。

(after)

違和感なく仕上がりました
少し離れると全く分かりません

担当、K氏にご確認いただき終了です。

今日はマーヴィン マルトン160クッションでした

Related Article

コメントは利用できません。

カテゴリー