ポルシェ 911(991) センターコンソールリペア(タバコ焦げ跡) 東京・杉並 なるほ堂 

私が担当している都内のポルシェセンター様からご依頼です。

お車は、ポルシェ 911(991)。

センターコンソールの灰皿周りにタバコを落としてしまったのか?

火種が落ちたんでしょう。

完全に溶けてケロイド状の穴が2か所、目立ちます。

お客様は何とか修理したくてサービスフロントにご相談された様子。

因みにこの部品だけ交換する事は出来ません、アッセンブリー交換となり数十万円コースとかなり高額です。

どうせなら少しでも目立たなくなるように施工したいと思います。

事前に邪魔なパーツを分解して準備してもらいました。

(before)

 

完全に溶けている半穴が2か所です。

マスキングして下地処理後に塗装で仕上げます。

穴は少しづつ埋めていき、なるべく自然なリペアになるようにシボを復元していきます。

(after)

 

塗装範囲は15センチ程度のピンポイント塗装。

完了したので、担当サービスフロントのM氏にご確認いただき終了。

後日、聞いたところ、お客様の反応は「こんなに綺麗に目立たなくなるとは思わなかった!」と大好評だったそうです(#^^#)

2022年度の非売品カレンダー

帰りに非売品のポルシェカレンダー(コレクターズコイン入り)をいただきました。

来年も、ポルシェ乗りのお役に立てるように頑張りたいと思います!

ポルシェ 記事一覧はこちらをご参照ください。

BMW 330CIカブリオレ(E46) 内装リペア リフレッシュプラン前編 東京・杉並 なるほ堂

港区にお住いのT様からご依頼です。

お車は、BMW 330CI(E46)カブリオレ。前編。

ご依頼内容は、内装全般のリフレッシュプラン。

事前に打ち合わせの上で作業内容を決めていきます。

T様からのヒアリングで、特に気になるヶ所を優先してリペアする事に。

センターコンソールのカップホルダー周辺の塗装傷を補修します。

部品がなくて交換もできないので何とかしたかったそうです。

(before)

分解したいですね。

下地処理の仕方で仕上がりには大きく影響します。

お昼休憩。

Yさんの手作り弁当をいただきました!

(after)

綺麗になりました。

車内に戻して完了。

色もぴったり一致しているので全く違和感はありません。

後編に続く。

一部ではございますがBMWの施工例はこちらをご参照ください。

マセラティ グラントゥーリズモスポーツ センターコンソールリペア(破れ、傷) なるほ堂

グラントゥーリズモスポーツの続きです。

センターコンソール

シートは終わっています。

今度はセンターコンソールの後席側、ドリンクホルダーの横当たりが破れています。

(before)

(after)

OKです

K氏にご確認いただき終了です。

マセラティ グラントゥーリズモスポーツ 内装リペア(破れ) なるほ堂

いつもの輸入車販売店様からご依頼です。

お車は、マセラティ グラントゥーリズモスポーツ。

クーペやグランスポーツの後継モデルですね

マセラティの弱点とも言える柔らかい内装の傷をリペアします。

(before)

破れて捲れています

近年のマセラティは、丈夫な本革と柔くて触り心地はいいものの傷に弱いシンセティックレザーをパーツにより使い分けています。

センターコンソールも本革ではないため、尖った物ではなくても、例えば鞄の底鋲が当たっただけで簡単に破れてしまいます。

交換すると高額なのでリペア依頼される事が多い箇所。

但し、シンセティックレザーでも様々な種類があるため、メーカーや車種により修理方法も工夫しなければなりません。

マスキングテープを使ってリペアします

塗料を調合作成して傷を補修しながら塗装で仕上げます。

(after)

違和感なく仕上がりました
少し離れると全く分かりません

担当、K氏にご確認いただき終了です。

今日はマーヴィン マルトン160クッションでした

ポルシェ ボクスター(987)センターコンソールリペア(傷) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

いつものポルシェ屋さんからご依頼です。

お車は、ポルシェ ボクスター(987)。

ポルシェの場合、この時期の車種は内装の塗装が弱く、劣化が進むと非常に傷つきやすいのが難点です。

当店でも、ボクスターや996、997前期のご依頼が多くどれも同じ症状となります。

今回はセンターコンソールの傷をリペアして部分的な再塗装をします。

(before)

サイドブレーキや小物入れを操作する際に傷つきやすいようです。

下地を整えて傷を消していきます。

塗料も純正と同じ艶消しブラックを調合して作りました。

複数工程を経て徐々に綺麗にしていきます。

最終塗装工程。

(after)

助手席側も綺麗に。

社長にご確認いただき終了です。

ポルシェ ボクスターS(986) その② センターコンソールリペア(傷) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

前回の続きです。

お車は、ポルシェ ボクスターS(986)。

シートリペアが終了したのでセンターコンソールの擦れ傷や剥げをリペアします。

996や997、ボクスター等のセンターコンソールで多く見られる症状です。

中古車を購入してから「やはり気になってきた」と言われて納車後にご相談されるオーナー様もいらっしゃいます。

こちらのお店では納車前の整備として事前に内装まで補修しているため、オーナー様には気持ち良くお乗りいただけると思います。

(before)

灰皿周辺が傷だらけです。

蓋は外して補修。

時間の掛かる作業です。

(after)

傷もなくマットな仕上がり。

蘇りました。

社長に確認して終了です。

お客様にも喜んでいただけそうです。

今日は、スピマスでした。

ポルシェ 911ターボ(997) 内装リペア② (センターコンソール傷) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

前回の続き。

997ターボです。

996同様にセンターコンソールが傷ついてしまう997。

コンソールの蓋開閉や灰皿周辺、サイドブレーキの操作により徐々に傷が増えていきます。

下地を整えて再塗装します。

(before)

灰皿も傷ついてます。

これは、取り外してリペア。

(after)

OKです。

シフトカバーも綺麗になりました。

ジャガー XKRコンバチ(X100) レザーシート、センターコンソールリペア(汚れ、皴、ヒビ割れ) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

いつものジャガー屋さんからご依頼です。

お車は、ジャガー XKRコンバーチブル(X100)。

レザーシートとセンターコンソールの肘掛部分のリペアを行います。

(before)

センターコンソールの肘掛部分は汚れて変色しています。

全体的な汚れ、座面のひび割れ。

背もたれも汚れと部分的な擦れやひび割れ。

明るいグレー系なので、先にきっちり汚れを落とす必要があります。

クリーニング中でも上下でこの違い!

汚れを落とすと見えてくるものがあります。

座面のセンターブロック、丁度お尻の位置はパンチングレザーなのですが皴が深くなっており目立ちます。

塗料を調合して作ります。

下地処理中。

範囲も広く時間が掛かる内容。

(after)

コンソールは終了。

座面もOK。

ひび割れもケアしました。

パンチングレザーの皴も浅くして目立たなくなりました。

背もたれも終了。

擦れも補修。

すっかり暗くなってしまいましたが、社長にご確認いただき無事終了。

いい感じに仕上がりました。

 

 

ポルシェ ケイマンS(987C) エアコンスイッチ再塗装(ベタベタ修理) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂  

杉並区のいつものポルシェ屋さんからご依頼です。

お車は、ポルシェ ケイマンS(987C)。

ダッシュボードのエアコンスイッチ、ベタベタの再塗装です。

(before)

この2か所のみ何故かベタベタになります。

ケイマンと997は同じ状態になっているのを見かけます。

ベタベタ塗膜を剥離して再塗装。

するとマークも消えてしまうので再現したいと思います。

念入りにマスキング。

塗料を作りました。

スプレーガンで塗装。

サクサクのシュークリームの差し入れによりコーヒーブレイク(*^^*)

(after)

マークもほぼ完全再現。

爪を立てないように注意していただければ幸いです。

社長にご確認いただき終了。

 

 

ロータス エクセル 内装レストア②(センターコンソール、ダッシュボード) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

埼玉県さいたま市K様宅に出張してます。

ロータス エクセル。

ドアは終了して、ダッシュとコンソール。

(before)

オーディオパネルの横が擦れています。

サイドブレーキの横も深い傷。

助手席側は部品取り付けによるビス穴が複数。

大変です、時間もかかります。

クリーニング後に、穴埋めしながら下地処理を進めて塗装仕上げです。

ダッシュは、変色とナビ取り付け跡です、下地を整えて部分的な暈し塗装により目立たなくしました。

文章にすると簡単ですが・・・傷が無数にあるので物理的に・・・非常に時間がかかります(*_*;

(after)

無数にあったビス穴や傷も目立たなくなり、綺麗になりました。

明日は、部分張替えした後席のサイドパネルやAピラーです。