アストンマーチン DBSヴォランテ レザーシートリペア(傷) 東京・杉並 なるほ堂

横浜市の専門店様からご依頼です。

お車は、アストンマーチン DBSヴォランテ。

レザーシートリペアを行います。

(before)

販売が決まっている車両のようです。

全体的には程度良好なのですが、それゆえ所々の傷が気になってきますね。

新オーナーさんのリクエストでリペア依頼となったそうです。

傷の種類としては、擦れ傷、引っ搔き傷の2種類です。

ステッチは白なので要注意。

クリーニング後に、傷の深さや表面の状態を確認して最適な方法を考えます。

今回は、背もたれサイドサポートの傷は、深い引っ搔き傷と浅い擦れ傷とが混在しています。

深い引っ搔き傷のみピンポイントでレザーパテを使用し、擦れ傷はなじませるようにしました。

【レザーシートよもやま話】

因みにレザーは天然物ですから、1脚のシートの中に色んな表情が見られることもあります。元から多少の傷や皴、シボ感が違うヶ所があったり。

また、1枚の革で作ってはいないので、分割されているピースによっても表情が違っていたりします。

スムースレザーの車両用では、牛さんの血管や虫刺され跡も見られますよ、手作り感が微笑ましい(^^♪

個人的には、靴や鞄同様に味わいがあって好きですが、工業製品目線としてみる方には品質が悪いと感じられるのかも知れません。

気にされる方、均一な表皮じゃなきゃ嫌だ!って人は、SUV車に多く見られるようなシボのハッキリしたレザーシートがお勧めです。

加工により均一なシボが再現されています。

アストンマーチンは、あっさり加工系のスムースレザーが多いメーカーですね。

クラフトマンシップを重んじるからか、レザーシートでも個体差がある印象です。(良し悪しではありません)

皆さんも、レザー内装の車に乗っているのなら、革の表情を観察してみると、何か面白い発見があるかもしれませんよ(#^^#)

塗料を調合作成して、下地処理が済んだら密着性も確認します。

全てOKなら塗装工程。

(after)

終了後は、社長にご確認いただき撤収。

きっと新オーナーさんにも喜んでいただける事でしょう。

ご依頼後は、気分一新!今まで以上に愛着が増すよう、お手伝いさせていただきます!

一部ではございますがイギリス車の施工例は⇒こちらをご参照ください。

今日はセイコー プレサージュ七宝

ジャガー XKR(X100) ステアリングリペア&うなぎを求めて! なるほ堂 

いまだ不安定な天候が続きますが、今日は外での施工です、それも屋根がありません、ピンチです。

納車が決まっている車両で日程に余裕もないため何とかしなければなりません。

いつものジャガー専門店様から、X100のステアリングリペア依頼です。

(before)

雨雲レーダーを見ながら・・・時間との闘い。

急いでセッティングします。

プロなので、どんなに急いでいても仕上がりを犠牲にするわけにはいきません。

その分、いかに効率よく進めるかを考えます。

途中でやはり雨が降ってきたのでバスタオルで簡易屋根を作って濡れないようにしました。

(after)

何とか本格的に降られる前に片付けまで終わりました。

社長にご確認いただき終了。

仕事が思いのほか早く終わったので外食に行こうかと。

娘も私と同じでうなぎには目がありません、しばらく連れて行ってなかったので家族3人で阿佐ヶ谷まで。息子たちはテンション上がらない様なので別行動。

浜松市出身の私は子供のころからお祝いと言えばうなぎが定番だったこともありうなぎ大好き人間です、以前からなんとなく杉並で美味しいうなぎ屋さんを探していました。

コロナと夏を乗り切るために栄養を付けなければ!

今回は、阿佐ヶ谷の「阿づまや」さんに行きました。

開店前に到着、アクイスにチェンジしてます(;^ω^)
おいしゅうございました(*^^*)

ふわふわの身、さっぱりしたたれ、熱々を頂きました。個人的な好みとしてはもうほんの少しだけ甘みのあるたれならなお良かった。しかし、うなぎ屋さんで食べると胃もたれしないのは何故でしょう?

ジャガー XKRコンバーチブル(X100) レザーシートリペア 後編(深いひび割れを再施工) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

ジャガー専門店のX100

昨日、下地をサンディングする工程までは終わりました。

ここからは残った皴やヒビを細かく削ったり埋めたりしていきます。

レザーパテを入れて整えます

薄く薄くレザーパテを入れて整えます。

均すようにサンディング

事前に調合作成しておいた塗料で仕上げていきます。

(before)

3mm以上はある深いヒビ

硬化した塗膜が革の柔軟性に耐え切れず割れています、まるで干ばつ地帯の大地のように反り返っていますね。

(after)

見違えるように復活(*^^*)

最もダメージの大きかった背もたれのサイドサポート

(before)

施工前の座面

(after)

綺麗になりました。

同じ角度で撮影したいるので、違いがよく分かるのではないでしょうか?

指で押しても自然な皴の出方

社長には、毎回、施工方法や範囲などを全てお任せいただいているので仕事がやりやすい環境です。

今回は特殊なケースなので2日間の時間をもらい作業しました。

逆に、信頼にお応えするべく丁寧な作業を行っています。

基本的に、私の施工は、仕上がりや耐久性、お客様の考えを重視します、単に「早い‣安い・上手い」といった耳障りのいい事は決して言いません。

安さや早さだけをお求めなら他社様にご相談される事をお勧めしております。

お客様の使い方(毎日乗るのか?年に数回なのか?1人で運転席にしか乗らないのか?家族で乗るのか?)や今後の考え(コレクションとして保管?最低10年は維持したい?次の車検まで?)

ヒアリングした上で最適な内容をご提案しています。

先ずはお気軽にご相談ください。

無事に終了して撤収。

                                                                                                                                                今日は、モナコでした。

ジャガー XKRコンバチ(X100) レザーシートリペア 前編(ひび割れ、剥がれ) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

いつものジャガー専門店様からご依頼です。

お車は、ジャガー XKRコンバーチブル(X100)。

(before)

全体的な汚れとひび割れのようです。

背もたれはコンソール側(内側)もひび割れ
かなり深いひび割れ

何だか嫌な予感が(;^ω^)

 クリーニング後に再確認する必要がありそうです。

座面も広範囲のひび割れ
座面ドア側も深いひび割れ
普通はなかなか見られない所まで

座面も広範囲なひび割れ。

全体的な汚れを落としていきます。

原因判明!

原因判明しました!

広範囲なリペア痕(補修痕)が更なる悪化を招いていました。

皺の出方も違います。

下地処理が中途半端なため、再塗装の膜が厚くなり深いひび割れを引き起こしています。

この状態を綺麗にリペアするには、一度本来の下地(革の銀面まで)まで溶かし落とすか削り落とすしかありません。

異常に深いひび割れ!

塗料自体もレザー用なのか?怪しい感じです。

革の柔軟性に対応可能な柔らかく追従する塗料である必要があります。

通常のリペア施工では傷んだヶ所のみの部分施工ですが、再塗装されている広範囲をやり直す事になります(-_-;)

溶かしきる事が難しい範囲なのでサンディングしていきます。

本来の皴が出てきました
革素材もだいぶ油分水分が抜けてボソボソしています
硬くなった塗膜を削り落としました

硬化した塗膜を削り落とすと指で押しても皴はでません。

残念ながら今日は時間切れ、翌日に持ち越し。

無理に終わらせてクオリティーを落とすよりも時間を掛けて確実な仕上がりにする事にしました。

アストンマーチン DBS ヴォランテ(V12) ルームクリーニング&メンテナンス 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都世田谷区にお住いのH様からリピートのご依頼です。

お車は、フェラーリ 458スパイダーからアストンマーチン DBS ヴォランテにお乗り換えされていました。

H様とはフェラーリの前にお乗りだったアストンマーチンからのお付き合いですから、再びアストンに戻った形です。

流石アストン、長年ジェームズ ボンドに愛されている名車の所以か、超高級なスーパーカーでありながら気品を感じます。

ご依頼内容はルームクリーニング&保湿メンテナンスです。

(before)

シートやドア等の所々に白い染み状の汚れが見受けられます。

写真だと分かりにくいのですが肉眼でも分かるので気になります。

フロアカーペットを出してバキューム。

シートの汚れは表皮を傷めないように専用の洗剤で少しづつ消していきます。

どうもファンデーションや日焼け止め等の化粧品系の汚れだと思われます。

汚れを落とした後は保湿クリームを塗りこみます。


浸透していくように暫く放置。

仕上げに拭き上げ。

しっとりした艶感は暫くするとなくなりマット感が戻ります。

また、保護効果により汚れも付きにい状態となります。

(after)

H様にご確認いただき無事終了です。

今日は、H様のウブロ ビッグバンサファイヤ を腕に巻かせていただきました。

想像よりも軽くてびっくり!色褪せなくて傷もつかない透明感はサファイヤケースならではの高級感がありますね(*^^*)

ベントレー ミュルザンヌ レザー内装リペア(センターコンソール傷) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

横浜の専門店様からご依頼です。

珍しいベントレーのフラッグシップ、ミュルザンヌ。

巨大です・・・

内容は後席側のセンターコンソールにできた傷のリペア。

(before)

鞄か?靴か?何かでぶつけたようです。

クリーニングしてから作業に入ります。

キャメル系の本革内装。

マスキングして下地処理。

塗料を調合作成して仕上げます。

(after)

綺麗に仕上がりました。

社長にご確認いただき終了です。

しかし、この車、ロールスロイス製の強力なエンジンでこのサイズ!物凄い迫力!

運転するのは気を使いそうですね。

ベントレー コンチネンタルGTスピード 天井修理(レザー張り直し) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

いつものお店からご依頼です。

お車は、ベントレー コンチネンタルGTスピード。

ショールームの扉を開けて作業します。

(before)

後席頭上付近が剥がれて弛んでいます。

養生して取り外し。

レザーパーツを傷つけないように細心の注意を払います。

天井を降ろしました。

更にパーツを分解。

表皮内側のウレタンはボロボロ。

革の裏側もきちんと接着するように下処理。

半分接着。

パーツも取り付けて準備します。

(after)

車内に戻して取り付け、この車は配線も複雑なので大変です。

弛みがなくなりスッキリしました。

無事に取り付けもランプ類の点灯確認もOk。

社長にご確認いただき終了です。

 

 

 

 

 

オースチン ミニ レザーコンビシートリペア(再塗装) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂 

東京都世田谷区にお住いのS様からご依頼です。

お車は、オースチン ミニ。

前席2脚と後席を再塗装します。

(before)

元々は青系のシート、それが変色していたり褪せている状態。

S様のご要望で基準とする赤系の色を調合作成。

クリーニング~下地処理~脱脂~塗装と進めます。

運転席も同様に。

こちらはやけに黄色くなっています。

(after)

続いて後席。

前席ほどではないですが綺麗になるように。

(after)

終了です。

ガレージにはオースチンやショベルヘッドのハーレー。

マニアックな旧車が何台か保管してありました。

車、バイク好きのS様、喜んでいただけて良かったです(^^♪

ジャガー Xタイプセダン 天井張替え 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都調布市にお住いのM様からご依頼です。

お車は、ジャガー Xタイプセダン。

輸入車でお馴染みの天井剝がれです。

(before)

かろうじてルームランプで止まっています。

後方は垂れ下がって見えなくなってしまうので待ち針で仮固定。

養生を行い部品を取り外します。

ここから工夫して取り出します。

表皮を剥がして下地処理。

綺麗にして脱脂まで終わったら接着工程。

裏側まで巻き込み処理。

これでリヤガラスの視界も安全になります。

部品を取り付けていきます。

(after)

ルームランプの点灯確認もOk。

M様にご確認いただき笑顔でご満足いただきました。

 

 

今日は、同じボディのグリーンカラーに合わせてロレックスのハルク。

 

 

 

ミニ クーパーS(R53) 天井張替え(グレーからブラックにカラーチェンジ) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

千葉県成田市にお住いのO様からご依頼です。

お車は、ミニ クーパーS(R53)。

ブログでの施工事例を見られて即決でご依頼くださいました。

(before)

運転していると頭に触れるほど剥がれて垂れ下がっています。

養生をして作業開始。

天井を降ろしました。

専用の養生シートで包んで取り出します。

表皮を剥がしてベタベタの劣化したウレタンを除去します。

接着剤をスプレーガンで塗布します。

元のグレーからブラックに変更です。

裏まで巻き込んでおり純正よりも耐久が上がります。

価格と耐久性の両方で部品交換よりもメリットがあるのではないでしょうか?

その上、お預かりは1日!

朝お持込いただき夕方以降でお引取りが可能です。

完全予約制です。

張替え終わったので車内に入れて取り付けします。

(after)

綺麗に張替えできました。

頭上の空間が広くなったのでブラックにしても狭さは感じません。

お洒落な仕様になってミニに似合っていますね(*^^*)

O様にもご確認いただきご満足いただけました。

 

O様、わざわざ遠方からご足労下さり誠にありがとう御座いました!

喜んでいただき私も嬉しく思います。

 

お問い合わせ、お見積もりは、右上の「お問合わせ」フォームからメールでの受付となります。