メルセデスベンツ 230E(W124) 天井張替え修理&防音断熱材追加

茨城県つくば市にお住いのK様からご依頼です。

お車はメルセデスベンツ 230E (W124)。

高速に乗って茨城県からわざわざお越しいただいたK様にご満足いただけるよう、丁寧な施工を心かけて作業をしたいと思います。

 before

完全に剥がれています。

車内の養生さえ完璧ならばガラスを外さなくても無理なく天井の取り出しは可能です。

劣化したウレタンを取り、脱脂して接着準備をします。

グレーの生地で張替え完了。

K様のご希望で、急遽、防音断熱材を追加となりました。

サンルーフ無しの仕様ではお勧めいたします。

防音断熱材の効果については、夏場に放射温度計で計測した結果。

なんと10℃の違いを確認しました。

エアコンの効きが良くなり、雨音も軽減されます。

【防音断熱材のテスト・ご案内】詳細はこちらをご参照ください。

 after

スッキリしましたね。

綺麗によみがえった愛車を見て、K様も大喜び!

ご満足いただきました!(^^)!

今日は、オリス アクイスデイト

メルセデスベンツ AMG SL73(R129) 天井張替え修理

東京都杉並区の業者さんから天井張替え修理のご依頼です。

メルセデスベンツ AMG SL73。

数多く施工しているR129です。

ハードトップは重いので社長と一緒に持ち上げて降ろします。

何度やってもほんとに重い・・・

 before

アシストグリップやサイドパネルを外して、ボードだけにします。

劣化したウレタンを除去してクリーニング。

新しい生地で張替えます。

 after

張替え後は再び取り付け。

社長にご確認いただきOKなので、頑張って車体に乗せました。

当店では、10年前から様々なメーカーや車種に対応しております。

それでも、ご対応可能な車種ばかりではありません。なかには触ったことがない車種やお断りしてしまう車種もございます。

先ずは「お問い合わせ」からご相談ください。

今日はブライトリング、モンブリランでした

アウディ RS4(B7) 天井張替え修理&防音断熱材追加

神奈川県相模原市にお住いのN様からご依頼。

アウディ RS4(B7)です。

運転するととっても早くて楽しい車ですね。

加速の仕方が私のバイクXSR900と似た感じでギュイギュイ、グイグイタイヤを潰して進む感じ(*^-^*)

 before

この年式のアウディ、A4系はピラーが側面まで伸びているので真ん中だけ膨らんできます。

養生後に部品を外していきます。

劣化したウレタンを取り除いていきます。

特に凹凸の大きいところは念入りに脱脂します。

生地を巻き込み補強しながら張替えました。

純正の制振材の上に防音断熱材を貼りこみます。

 after

張替え終わった天井を戻して部品の取り付け。

ルームランプの点灯確認も終了。

納車引取りの際は、N様に施工写真をお見せしながら行います。防音断熱材は見えなくなってしまうためご説明。

N様、とっても喜んでいただきました。

【天井張り替え修理の流れやご説明】はこちらをご参照ください。

メルセデス ベンツ SL500(R129)ルームクリーニング&ステアリングリペア

東京都杉並区にお住いのS様からご依頼。

メルセデスベンツ R129のSL500です。

このSL、今後はS様に代わってご家族が乗られるそうです。そのためリフレッシュすることをご希望されました。

当初ルームクリーニングとシートリペアをお考えでしたので、クリーニング後に改めて打ち合わせをして施工内容を決定することに。

ご自宅ガレージに出張対応です。

簡単に外せるのでリヤは座面を外してクリーニング。

ステアリングは皮脂汚れでテカっていました。

【 自動車内装 レザーの種類・お手入れ方法 】はこちらをご参照ください。

小道具を使い分けてお掃除します。

パンチングシートの穴も綺麗に。

汚れを落としていくと光沢感が変わっていきます。

クリーニングが終了した時点で打ち合わせ。

汚れを落としたので傷み具合がはっきりします。

結局、シートはそれほど傷んではいないので敢えてリペアせずに、完全に擦れているステアリングとウインカーレバーをリペアすることにしました。

 before

表面が剥げてしまっており劣化が目立ちます。

革の下地を整えて、塗料を調合して、進めていきます。

 after

施工前のテカりとは全く違うことがお判りでしょうか?

しっかり汚れを落として、擦れを補修し、本来の光沢感に戻すことで見違えます!

もちろん、ウインカーレバーも綺麗になりました。

R129は皆様大事にされているので、年式や距離のわりに状態がよい個体が多い印象ですね。

S様はコレクターなので、ガレージにはスーパーカーが鎮座しています。

お忙しい中、海外赴任や出張の合間にご依頼いただきました。

また次回、日本に戻ってこられた際には他の車両もご相談いただければ嬉しいですね。

当店は、全て個別見積もりとなります。

出張対応条件やご相談はこちらの【 お問い合わせ 】からご質問ください。

メンテナンスカバーを装着して終了。

S様にも喜んでいただきました。

フォルクスワーゲン ゴルフ5 ドア張替え&シミ落とし

東京都杉並区にお住いのA様からご依頼です。

お車は、フォルクスワーゲン ゴルフ5ヴァリアント。

ハッチバックではなくワゴンタイプのほうです。

天井は以前交換したそうですが、ドアトリムのファブリック部分も剥がれてしまいます。

交換するのは費用の面でも厳しいので修理ができないか?ご相談されました。

事前にお越しいただき張替え生地のサンプルをお見せして打ち合わせ。

前後のドア、合計4枚張替えと合わせてシートのシミ抜きクリーニングもご依頼。

 before

前後左右のドアトリム。

ひじ掛けとリヤシートは汚れています。

お子さんも乗せるしジュースのシミか?

ドアトリムを外して・・・ここからが大変です。

非常に根気のいる作業。

天井のルーフライナーと同じで表皮裏側のウレタンが劣化によりベタベタになってしまいます。加水分解ですね。

下地処理では、接着力を上げるためにも丁寧に、念入りにクリーニングして脱脂します。

これが、写真では簡単に見えてやるとなると大変なのです。

4枚もあるし・・・(*_*;

今度は、マスキングと接着工程。

乾燥時間にシートのシミ落とし。

 after

さすがに慣れてる職人2人がかりでも時間はかかり、夜になりました。

しかし、見違えるように綺麗になってA様には大感激されました。

「本当にお願いしてよかったです!」とご夫婦で(#^^#)

フォルクスワーゲンは得意メーカーです!

特にゴルフシリーズはお任せください。

ドア張替えの場合も基本は天井と同じです」ご依頼の流れやご説明はこちらをご参照ください。

お気軽にご相談ください。

お見積もりやお問い合わせはこちら

限定60台! BMW M4 CS(F82) 自動車内装・レザーバケットシートリペア 

BMWのなかでも、日本限定60台の希少なM4 CS。

いつもの輸入車販売店様からご依頼です。

460馬力のクーペってどんな感じなのでしょう?

きっとサーキットでは楽しいのでしょうね。

内装は超高級というよりも軽量化と機能優先らしくシンプルでスポーティです、レザーシートもかなりバケット形状なので背もたれのサイドサポートは傷みやすいです。

 before

ダブルステッチの間は擦れています。表面もひび割れが若干。

ドア側の背もたれサイドサポートをピンポイントでリペアします。

クリーニングして、革の柔軟性を見極めます。

ステッチに注意して、マスキング後、今度はダブルステッチの間を。

細かい作業を丁寧に行うことで品質が向上します。

 after

ピッタリ色艶をあわせており、ステッチも綺麗なのでリペアしたとは思えない新車のような状態になりました。

担当K氏にご確認いただき終了。

当店では、希少車、高級車、限定車、など普段接する機会が少ない車両の修理も数多くお受けしております。

レザーシートの他、自動車内装・インテリアリペアの詳細はこちらをご参照ください。

ご相談はお気軽にどうぞ。

BMW M3(E46) 自動車内装・天井張替え修理 

東京都目黒区にお住いのT様からご依頼です。

お車は、BMW M3(E46)。

電話でご相談のあと、お越しいただき事前打ち合わせしてご予約いただきました。

当店では、材料の長期保管劣化を防ぐため、ご予約後に手配しております。

 before

予想通り完全に剥がれた状態。

完璧に養生して、取り外していきます。

ちなみに、この年式のBMWはコンソールなどの内装部品が傷つきやすいので要注意です。

作業が手荒な業者だと傷だらけになってしまう事もありますから依頼される前に十分な実績があるのか確かめることをお勧めいたします。

表皮を剥がして、劣化してベトベトになってしまったウレタンを綺麗にお掃除します。

脱脂してから接着工程。

当たり前ですが新品生地で張り替えたので、ボードに綺麗な凹凸が復元されました。

取り付け工程。

 after

ルームランプもちゃんと点いていますね。

終了して、T様にご確認。

「新車の時を思い出します!交換同様の品質ですね!」と喜んでいただきました。

天井張り替え修理の詳細は、こちらをご参照ください。

フォルクスワーゲン ゴルフ6TSI  天井張り替え修理(防音断熱材追加)2年保証!

東京都杉並区にお住いのA様からご依頼です。

お車は、フォルクスワーゲン ゴルフ6TSI。

打ち合わせにより、オプション設定の防音断熱材を追加することになりました。

そのため、施工後2年保証となり次回の車検まで安心してお乗りいただけます。(保証制度はゴルフシリーズ限定となります)

before

綺麗に剥がれている状態。

毎度のことながら当店では、ディーラーさん以上の完璧な養生を行ってから作業に入ります。

部品を取り外して天井を下します。

更に専用シートでカバーしてから車外に取り出します。

表皮の再利用は出来ません。

剥がしてからは、劣化したウレタンでベトベトになっているボードを綺麗にして脱脂します。

純正では工場で製造するため一部分しか生地の折り返しはされていないのですが、手作業で修理する際は四辺巻き込み補強します。

このため、仮に剥がれてきたとしてもガラス際からだらんと捲れてしまうことは避けられます。

天井のルーフライニングの裏側の構造は、シンプルな制振材のみ。

ここへ、制振材の上から防音断熱材を貼っていきます。

アルミとウレタンフォームによる断熱、防音効果が得られます。

天井張り替え修理時に同時施工では部品脱着を省略出来て費用も抑えられのが大きなメリット。

断熱効果についてはこちらをご参照ください。

真夏では10℃の差が確認されました!

エアコンの効きも確実に上がって、バッテリーにも優しくなりますね。ゲリラ豪雨にあってもルーフに当たる雨音が軽減されます。

修理また、張替え修理後の天井の耐久性も上がります。

after

フロントガラス際からリヤのトランクスペースまで全面貼ることが可能です。

綺麗に張替え修理が完了しました。

A様にもご確認いただきご満足いただきました。

なお、天井を戻してしまうと断熱材は見えなくなってしまうため施工写真をお見せしております。

当店では、どの施工でも記録を残しています。

特にフォルクスワーゲン ゴルフシリーズは圧倒的な施工実績となります。

安心してご相談ください。

天井張り替え修理のご案内

今日は、アクイスデイト

らくらく陸送サービスのご案内! フォルクスワーゲン ポロ(9N)天井張り替え修理

千葉県浦安市にお住いのY様からご依頼。

お車は、フォルクスワーゲン ポロ(9N)です。

運転が苦手なY様から、らくらく陸送サービスのご依頼です。

【 らくらく陸送サービス 】 

  • ご自宅までお車の引取りに伺います
  • 修理後にご納車まで行います
  • 万が一の場合でも保険適用で安心いただけます
  • お客様は、引取り時、納車時の立会いのみでOK(ご家族の方が代理でもOK)
  • お車の移動時間や入庫&引取りの手間がかかりません

こんなお客様におすすめ!

  • 忙しくて時間が取れない方
  • 出張などで不在の方
  • ご本人でなくご家族の方
  • 遠方の方
  • 運転に自信のない方、遠方への運転が苦手な方

通常は、施工日の当日、朝お持ち込みいただき、夕方以降でお引き取りをお願いしております。

楽々陸送サービスをご利用いただくと、お持ち込みやお引き取りの手間が省けます。意外と移動では時間もかかったりますし、電車やバスを乗り継いでの移動となると尚更です。

お忙しい方を中心に大変ご好評いただいているサービスとなります。保険も適用されるため安心してお任せください。

料金は距離により異なります、修理内容や車種によりご利用いただけないこともございますので、まずはお気軽にご相談ください。

浦安市だと道路状況で時間がかかったりします、杉並からは少々遠いので、前日に引取りに伺いました。

 before

とっくに限界を超えている状態でした。

苦肉の策で針金と突っ張り棒・・・

養生してから部品を取り外して天井をおろします。

表皮を剥がしてベタベタになっているボードをクリーニングして脱脂します。

裏側まで生地を巻き込み補強して仕上げます。

 after

純正に近いグレー生地なので違和感なく綺麗になりました。

施工後はご納車に向かいます、遅くならないうちに到着できそうで良かった。

Y様にご確認いただき全て終了。

とっても喜んでいただきました(*^-^*)

天井張り替え修理の流れやご説明はこちらをご参照ください。

メルセデスAMG C63 内装・レザーシートリペア(擦れ傷、引っかき傷) 

いつもご依頼いただくドイツ車系の販売店様から。

お車は、メルセデス・ベンツAMG C63。

運転席のレザーシート、背もたれのサイドサポート部分です。

よく見ると両側に少しダメージがありました。

確かにスポーティーなバケット形状なのでサポート部分も壁のようにせり出しています。その為シートベルトも当たりやすいし乗降の際も擦れやすい。

before

ダブルステッチの間も革が擦れていました。

引っかき傷もあり、傷の深さを考慮して少量のレザーパテも使用することに。

擦れて毛羽だったステッチの糸はカット。

下地を整えつつ塗料を調合して仕上げていきます。

 after

色や革の質感、シボ感も違和感ないように綺麗になりました。

部分リペアですが、リペア範囲がわからないレベルです。

担当K氏にご確認いただき終了。

自動車内装、輸入車内装でお困りの方。

本革シートのクリーニングやメンテナンス、修理をお考えの方。

輸入車内装修理専門店の当店にお任せください。

革の状態を見させていただき、最適なアドバイスをご案内いたします。

お気軽にご相談いただければと存じます。

自動車内装に使われる革の種類やクリーニング方法・・・リペアに関しても、こちらをご参照ください。


ご依頼の多い、ポルシェのインテリアリペアに関して。専門のホームページを開設しました。

皆様のご訪問をお持ちしております!