ジャガー Xタイプセダン 天井張替え 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都調布市にお住いのM様からご依頼です。

お車は、ジャガー Xタイプセダン。

輸入車でお馴染みの天井剝がれです。

(before)

かろうじてルームランプで止まっています。

後方は垂れ下がって見えなくなってしまうので待ち針で仮固定。

養生を行い部品を取り外します。

ここから工夫して取り出します。

表皮を剥がして下地処理。

綺麗にして脱脂まで終わったら接着工程。

裏側まで巻き込み処理。

これでリヤガラスの視界も安全になります。

部品を取り付けていきます。

(after)

ルームランプの点灯確認もOk。

M様にご確認いただき笑顔でご満足いただきました。

 

 

今日は、同じボディのグリーンカラーに合わせてロレックスのハルク。

 

 

 

ジャガー Xタイプセダン 天井張替え修理(防音断熱材追加) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都世田谷区にお住いのS様からご依頼です。

お車は、ジャガー Xタイプセダン。

天井張替え修理に防音断熱材を追加する内容です。

(before)

完全に剥がれています。

応急処置として待ち針での仮固定。

養生を行い、部品の取り外し。

天井が下りました。

二人で角度を変えながら取り出します。

ピンがいっぱい(*^^*)

ベタベタの下地を綺麗にします。

今度はボディ側に防音断熱材を貼ります。

セダンなので面積は大きく無いのですが、なかなか侮れない断熱効果を発揮します。

新しい生地で張替え。

裏側まで生地を巻き込んでいるので部品交換よりも耐久性は高いのでは?

(after)

再び取り付けて完成。

スッキリしました。

S様にご確認すると、感動して頂きました!

私としても、丁寧に作業をした甲斐があり嬉しく思います。

 

 

今日は、オリエント レトロフューチャーカメラ。

マニアックな相棒です。

 

ジャガー Xタイプセダン 天井&Aピラー張り替え修理 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都渋谷区にお住いのM様からご依頼です。

お車は、ジャガー Xタイプセダン。

DSC07146

ご相談時には天井の剥がれが酷く後方視界をふさいでしまっており、その為、駐車場で保管してますとの事。

車の引取りから納車までお任せしたいとご要望です。

ご予約日当日の早朝、伺いお車の引取りをしました。

(before)

DSC07148

かなりの重傷。

DSC07149

持参したピンで応急処置。

DSC07152

Aピラーも張り替えます。

DSC07153

念入りに養生を行い、作業開始。

DSC07155

この個体?年式?なのかは分かりませんが配線類の取り回しが親切でした。

DSC07157

降ろした天井とピラー。

DSC07158

Aピラーを剥します。

DSC07159

綺麗に張り替えました。

更に純正品と違い裏側まで完全に巻き込んでいるので、ガラス際から捲れてこない仕様にしています。

DSC07160

ベタベタの下地を綺麗に除去。

DSC07161

DSC07162

貼りました。

DSC07163

ピラー同様に、生地を裏まで巻き込みます。

これで、後方視界を妨げるような事態は回避。

(after) 

DSC07165

取り付け終了。

DSC07166

ランプ類の確認もOK。

DSC07168

ピラーも取り付け。

DSC07169

オプションの手洗い洗車も終了して綺麗な状態で納車です。

M様にご確認、とても喜んでいただきました。

DSC07170

 

 

 

 

ジャガー Xタイプ 天井&Aピラー張り替え修理 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都大田区にお住いのT様からの依頼です。

お車は、ジャガー Xタイプ。

DSC02412

お馴染みの天井生地の劣化による剥がれを張り替え修理します。

T様は、事前にお越しになり打ち合わせ。(お仕事の事情で実車を拝見できなかったのでサンプルをお渡ししました)

生地をお決め頂き、ご予約となりました。

施工日当日の朝、確認すると、Aピラーも剥がれていたので、急遽、追加張り替えです。

(before)

DSC02410

かなり限界まで我慢されたようです。

DSC02411

いつもの様に、先ずは養生から開始します。

ダッシュボードにセンターコンソール、レザーシートを傷つけない様に注意。

DSC02413

パーツを外していきます。

DSC02415

なんだか意味不明のシートがルーフに貼られています。

この年式のジャガーは配線類に注意しないと危険です。

ヘッドライニングを降ろすと、裏側にはやけに大きなウレタンブロックが貼ってありました。

DSC02414

Aピラーも取り出しておきます。

DSC02416

生地がヘロヘロで剥がれています。

DSC02417

T様が苦労をされた痕跡が・・・

痛々しいですね。

DSC02418

DSC02419

DSC02420

DSC02421

今回のライニングは生地を剥してウレタン除去するとファイバーのカスが飛び散り腕や手も平に刺さってしまう!

非常に嫌なボードでした。

1日中痛痒いんです。

DSC02422

張り替え終了。

次はAピラーの張り替え。

DSC02423

裏側にまで生地を回り込ませましたから、簡単には剥がれません。

DSC02424

DSC02425

休憩後は、一気に取り付けしてしまいます。

(after)

DSC02426

DSC02428

DSC02427

リヤガラスには剥がれた生地をなんとかしようとテープを貼られていたので糊痕が残っています。

綺麗にするのに意外と時間がかかりました。

納車してT様にご確認いただきとても喜んで頂きました。

外装のメッキモールが白濁しているので、綺麗にするやり方をお伝えすると、T様も「自分で手を掛けてやってみます」との事。

T様、頑張ってください!陰ながら応援させていただきます。

それにしても、今回は目に見えないファイバー攻撃!?に苦労させられました。

風呂に入ってゴシゴシしても翌日まで残るのは辛いですね。

天井張り替えのお問合せ、お見積りは、メールで受付しております。

お名前、ご住所、連絡先、車種、年式、サンルーフの有無、を必ずご記入の上、お知らせください。

写真も添付していただけると幸いです。

ご返信は、出張や休日の関係で2~3日かかる事も御座います。

予めご了承くださいます様お願い申し上げます。