フェラーリ 599 ライトスイッチリペア後編(ベタベタ再塗装) 東京・杉並 なるほ堂

フェラーリ 599 ライトスイッチリペアの後編(塗装~仕上げ)です。

(before)

苦労しながらも分解して下地処理まで終わりました。

艶消しブラックの樹脂用塗料を調合作成して塗装工程に入ります。

事前に用意したスペシャルツールを使って仕上げます。

仕上げ工程を経て完成。

梱包して静岡県に発送します。

(after)

今回の事で、このスイッチは克服しました。

交換すると高価な部品ですが、修理可能です。(そうは言っても、結構難しいため特別安価な修理とはなりませんのでご理解ください)

もしも、同系のスイッチでお困りの方はご相談ください。

郵送受付も承ります。

確かマセラティにも同じスイッチがあったような気がします。

フェラーリ 599 ライトスイッチリペア前編(ベタベタ再塗装) 東京・杉並 なるほ堂

静岡の業者さんから送られてきた、パーツのリペアです。

お車は、フェラーリ 599、ライトスイッチ。

前編(分解~下地処理)

(before)

このパーツは、厄介なことに透過式なので、ベタベタを取るだけでは済まされません。

そこで、分解する事に・・・

右側のダイヤルは裏側からアクセスして簡単に取り外しが出来て分解もOKです。

問題は左側の大きな方、全然わからん!!!

裏の基盤を外しても、そこから先が・・・

画像検索しても資料が出てこないし、壊すわけにはいきません。

結局1時間位悩んだ末にようやく解明❕

ひたすら地味にベタベタ塗膜を剥離してきます。

後編に続く。

フェラーリ 599 シートスイッチリペア(ベタベタをコーティング) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

いつものお店からご依頼です。

お車は、フェラーリ 599。

シートの電動スイッチが少しベタベタになっています。

手についてしまうほど酷い状態ではありません。

社長のご要望で剥離ではなくコーティングする応急処置になりました。

(before)

ベタベタではなくペタペタ⁉

マークが消えないように応急処置としてコーティングします。

艶消し透明の膜をエアガンで吹き付けました。

これで暫くは安心。(応急処置なので時間が経つとベタベタが復活しますのでご了承ください)

(after)

見た目は変わらないので違和感ありませんね。