ベントレー コンチネンタルGT 天井修理(ウレタン張替え&レザー張り直し) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂 

都内の販売店様からご依頼です。

お車は、ベントレー コンチネンタルGT。

早朝にお持込いただき夜にはお引き取り予定です。

(before)

後席頭上部分の革が剥がれてたるんでいます。

フル本革内装なので、十分すぎる位の養生を行います。

後席も。

更にドアまでカバー。

部品取り外し工程も時間がかかります。

工具が直接当たらないようにテープ等で養生しながら外していきます。

天井を降ろしました。

取り出しOK.

パーツを分割します。

表皮を剥がすと中のウレタンは劣化してボロボロ状態。

綺麗に除去します。

次は表皮レザーの下処理。

古い接着剤を除去します。

ひたすら根気よく作業を・・・根性あるのみ。

純正同様に厚みを調整した新品ウレタンを貼ります。

ようやく下地が整いました。

革を穴位置まで合わせて貼っていく工程。

裏面も。

表皮を張り替えたのでパーツを組んでいきます。

(after)

すっかり暗くなりました。

綺麗になりました。

ランプ類の点灯確認もOK。

社長に無事ご確認いただき終了です。

※ 社長から聞いた話では、当店より安価な修理を行う業者もいるようですが、作業内容は違うようです。

  耐久性や仕上がり品質に違いがありますので十分にご勘案される事をお勧めいたします。

※ 基本的にベントレーでも1日で終了いたします。

  他の車種とは作業工程数も難易度も異なるため安価な修理とはなりませんが、

  部品交換費用は中古車が買えるほど高価なので・・・修理をご検討いただければ幸いです。

 

 

今日の相棒は、スピマス。

大変な1日でした、体も気持ちも疲労感が凄いのでゆっくりお風呂に入りたいですね。

 

 

ベントレー コンチネンタルGT 天井修理(レザー張り直し、ウレタン張替え)(剥がれ、弛み) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂 

東京都目黒区の輸入車販売店様からご依頼です。

お車は、ベントレー コンチネンタルGT。

DSC07187

DSC07188

お馴染みの天張り剥がれです。

本革の内装でも剥がれてきます。(むしろ、素材が重いので仕方がありません)

(before)

DSC07189

珍しいディンプルレザー仕様ですね。

DSC07190

必ず後席の上部から弛んできます。

DSC07192

内装類の殆どが本革性なので、養生は特に念入りに行います。

DSC07193

パーツを外していきます。

DSC07194

降ろしたヘッドライナー(天井)を取り出します。

DSC07197

センターパーツもばらします。

DSC07198

劣化した下地を作り直します。

DSC07199

剥したレザーの裏側も下地処理を行います。

非常に手間の掛かる作業、正直かなり辛いです(-_-;)

DSC07203

遅めの昼食をささっとたいらげ作業再開。

DSC07206

下地のウレタンを貼り終えました。

DSC07207

レザーを半分づつ貼っていきます。

位置合わせがシビアなので慎重に行います。

DSC07208

DSC07209

両方貼ったらセンターパーツの取り付け。

裏側の接着も行い完成。

(after)

DSC07211

取り付け終了。

DSC07210

綺麗になりました。

普通の車種の倍以上の大変さと難易度です。

部品の脱着も張り替え作業も、丁寧に慎重に確実に行うにはどうしても時間も掛かります。

夜になりましたがご担当者様が引取りに来られ確認して無事終了です。

 

ベントレー コンチネンタルGT 天井張り直し修理(レザー剥がれ、弛み)  東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都港区にお住いのK様からご依頼です。

お車は、ベントレー コンチネンタルGT。

DSC01079

定番の!?本革性ヘッドライニングの剥がれによる弛み、張り替えではなく張り直し修理です。

ご予約日の朝、お車を引取りに伺いました。

DSC01078

当店では、数台の施工実績がありますが、毎回の如く時間がかかる車種です。

養生からはじまり、部品脱着の時間も多めに考慮します。

とにかく丁寧に行わないといけません。工具でガリッとさせたくはないですから・・・神経を使います。

部品取り外しにも厳重な養生を行います。

(before)

DSC01082

DSC01083

センターパーツを挟んで両側が弛んでいますね。

DSC01085

配線にも注意。

レザーを剥します。

DSC01087

レザー(車内の表皮)の裏側に存在するウレタンが剥がれの原因です。

従って、貼り直しと言っても張り替えより時間の掛かる作業となります。

新品ウレタンに張り替え、更に、表皮を貼り直します。

DSC01089

レザー裏も下処理を行うため、ここまででかなりの時間を要します。

(after)

DSC01096

修理の終わった、ヘッドライニングを車内に戻し、取り付け作業。

これも、また気を使い慎重に行うので大変です。(部品のクリアランスもシビア・・・)

DSC01098

最後にルームランプの点灯確認を行い、OK。

DSC01099

すっかり夜になりましたが、納車してK様にご確認いただきました。

ご満足いただけ頑張った甲斐がありました。

 

 

 

 

 

ベントレー コンチネンタルGT ガラスコーティング&ホイールリペア&内装クリーニング 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

M様のベントレー コンチネンタルGT。

ホイールのガリ傷リペアとガラスコーティングが仕上がり、取り付けに行きました。

(before)

DSC04100

(after)

DSC04173

DSC04174

結局、傷を直したホイールは二本、残りの二本は洗浄を行い、四本共ガラスコーティングを施しました。

(before)

DSC04177

そのまま、お車をお預りして今度はボディの磨き&ガラスコーティングです。

一泊二日のお預り。

写真 2 (1)

ボンネットやルーフはラッピングされている為、マスキングしてから磨きます。

(after)

DSC04185

深い艶が蘇りました。

DSC04186

納車前に、内装もクリーニングを行いました。

DSC04183

専用のメンテナンス剤も塗り込みと拭き上げ。

DSC04184

DSC04188

M様が気にされていたシートも綺麗になりました。

DSC04187

DSC04190

限定車だそうです。

納車してM様にご確認いただき、とても喜んでいただきました(*^_^*)

今回の施工内容は、ホイール~ボディ~内装まで多岐に渡ります。

この様に、お車を乗り換えられた際に、お任せいただきトータルで綺麗にする事も承っております。

打ち合わせ後に内容を決めて、日程のご予約~施工~納車となります。

詳しくは、メールでのお問い合わせのみの対応となります。(電話で価格や納期はお知らせできません)

 

 

ベントレー コンチネンタルGT ホイール引取り&東京モーターサイクルショー 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

東京都大田区にお住いのM様からのご依頼です。

と言っても、M様は年間の半分以上海外に住んでいて日本に帰国のタイミングで日程調整しました。

お車は、ベントレー コンチネンタルGT。

DSC04097

内容は多岐に渡るので、先ずは下周りから。

C様のZ8を思い出します。

ホイールガリ傷のリペアが2本、他の2本は洗浄&ガラスコーティング。

ですから4本のお預り。

DSC04099

アップで見ると分かります。

DSC04100

DSC04101

暫く動かせません。

カーボンディスクが丸見えですね。

引取りは午前中で終了したので、午後からお台場に行きました。

DSC04102

東京ビッグサイトでのモーターサイクルショー。

予想外の人混み・・・

他にもイベントを行っていたようです。

愛車選びに迷走中なので実車をいっぺんに見られる良い機会、張り切って行って来ます。

DSC04103

MVアグスタ、新型ブルターレ800。

初期型を試乗したのを思い出します。デザインの基本路線は全く変わっていないのにモダンにみえるのは凄いことですね。

候補の1つ。

DSC04105

ドゥカティ、Xディアベル。

うーん、これはこれで、有りかもって感じ、インパクト有ります。

候補ではないけど、コーナリングはどうなんでしょう?

DSC04112

ヤマハのオールドレーサー、キング・ケニーが乗っていたYZR500、往年のGPマシンですね。

保安部品を付けて発表しないかな?100%買うのに。

DSC04111

隣りには、XSR900。

インターカラーがレトロで良いです。

その上、装備やディメンションは最新モデルなのも嬉しい。

こちらも候補の1つ。

DSC04119

KTM、1290スーパーデュークGT。

これは、ツーリングモデルですが、シンプルなスーパーデュークRの方が好み。

DSC04123

ホンダ、新型アフリカツイン。

兄が乗っていた初期型アフリカツインを立ちごけさせた苦い経験が頭をよぎります。

DSC04124

ホンダ、CB1100のコンセプトモデル、カフェレーサー仕様。

こちらも、かなりストライクゾーンです。

このままでの発売はまず無理そうですね。なので候補には入れられない、残念。

DSC04125

カワサキ、H2。

噂のモンスター、初めて見ました。

良いけど完全に予算オーバー。

DSC04122

トライアンフ、新型スピードトリプルR。

見るからに走りそうな雰囲気を醸し出しています。電制も採用されて期待大。

候補の一台。

 

DSC04121

最後は綺麗なお姉さんで〆

(^.^)ちっゃいですね~、良いですね~。

じゃなくて、この新型スラクストンも良かった。

ちょっと価格がネックで・・・候補に入れるか迷う所。

当初考えていた優先順位のエンジン形式>デザインにするか?

デザイン>エンジン形式にするか?価格も無視できないし・・・(-_-;)

BMWのRnineTも試乗したら良かったし、デザインも魅かれる、スラクストンが発売になるのを待つか?

しかし、やっぱり所有したことが無い3気筒にしたいかな~と大いに悩みますが、近日中に決めちゃうかもしれません。

デザインはレトロモダン系、レトロ過ぎるのはダメ。

ツーリング主体でも面白い特性、一定速や軽く流しても飽きず、尚且つコーナーは楽しみたい。

随分欲張りにも思えますが、果たしてどうなることやら。

 

 

 

ベントレー コンチネンタルGT 天井修理(レザー貼り直し) 東京・杉並 自動車内装修理専門店 なるほ堂

東京都北区にお住いのM様からのご依頼です。

お車は、ベントレー コンチネンタルGT。

DSCF4808

内装天井部分の革が剥がれて弛んできています。

革を再利用する修理のご依頼です。

(before)

DSCF4809

ルーフライナーは3分割されておりセンターパーツを挟んで両側が剥がれているのが確認できます。

DSCF4810

修理には内装パーツ類を脱着して行う必要があり、素材もキズが付きやすい本革ですので細心の注意をはらいます。

DSCF4811

部品の取り外し方にもコツがあるので経験していないと難しい車種です。

DSCF4812

車外に取り出したルーフライナー。

更に、パーツを分割していきます。

また、革、ウレタン、ボード、と三層になっており、この内のウレタンは新品に張り替えを行います。

その後に、革を貼り、パーツを組んでいきます。

一般的な輸入車の天井張り替えよりも、時間が倍はかかります。

DSCF4818

革の位置を合わせながら半分貼り終えました。

修理が終わったルーフを傷つけない様に車内に入れて、パーツを組んでいきます。

(after)

DSCF4819

革の弛みもなくなり綺麗に戻りました。

DSCF4820

ランプの点灯チェックも終了して納車です。

すっかり夜になってしまいましたが、M様は笑顔で出迎えて下さいました。

長く大変な一日も、お客様の笑顔で終えられるのは嬉しい事です。

輸入車天井張り替え修理は、施工実績豊富な専門店にご相談なさってはいかがですか?

ベントレー コンチネンタルGT 本革レザーシートリペア修理(擦れ) 東京・杉並 自動車内装修理専門店

いつもお世話になっているお店からのご依頼です。

お車は、ベントレー コンチネンタルGT。

こちらのお店では珍しい車ですね。

DSC01005

ショールーム内での施工となりました。快適でありがたい限りです。

DSC01006

シルバーのボディに真っ赤な内装!

クリーニングから始めます。

内容は、定番です。

運転席の座面と背もたれのサイドサポートの傷みを補修します。

傷みの種類としては、革の銀面に塗装されている薄皮が捲れてきている状態です。

ご要望としては、年式相応の使用感を残して綺麗にしてほしいとの事。

(before)

DSC01010

 

DSC01007

DSC01008

施工中。

いたずらにステッチを傷つけない様にマスキング。

DSC01011

(after)

DSC01015

DSC01016

もこもこに見えるのは革の凹凸です。

革は動くので次第に自然にこうした凹凸が出てきます。

これを傷みと勘違いして補修を行うのはタブーです、必要以上に革を薄くしてしまいその上凹凸は残ります。

そうなると部分張り替えや総張り替えをしなければなりません。

ベントレーの革はとても高価ですので注意ですね。

DSC01018

作業終了です、初めに比べると艶も引けて良い感じになりました。

久しぶりに発色の良い色の施工でした、高価な車なのでプレッシャーはありますが楽しかったです。

店長にご確認いただきOKでした。

 

当店は、輸入車内装修理の専門店です。

クリーニング~メンテナンス~リペア~張り替えまで、なんでもご相談ください。