Blog

いつものお店からご依頼です。

お車は、フェラーリ F355 ベルリネッタ。

ビアンコカラーの美しいボディです。

内装はブラックレザー。

傷んでいるのは運転席、背もたれサイドサポートと座面のサイドサポートです。

(before)

F355は、サイドブレーキの操作する際に擦れてしまいます。

ひざ下も擦れています。

よく見ると座面側面の下の方はカビにより白濁しています。

背もたれの側面も同様にカビが発生しています。

地下ガレージなどで保管されていたのかも知れません。

クリーニングを入念に行い表皮の状態を確認。

クリーナーでカビは取りました。

塗料を調合。

ステッチを傷めないようにマスキング処理後に革の下地処理。

座面も同様。

塗料密着性が確保されているのか、ピーリングテスト。

塗装工程。

(after)

今回は、革の状態も柔らかく保てていたため皴はあえて残し、擦れを整え補色するイメージに仕上げました。

背もたれ。

内装全体のバランス年式を考慮しての判断です。

更に皴を消す事も可能ですが、部分的に綺麗になり過ぎてしまうと思います。

従って、リペア塗装範囲も部分的に留めています。

社長にご確認いただき終了です。

 

今日は、モンブリラン。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。

カテゴリー