Blog

東京都調布市にお住いの I 様からご依頼です。

お車は、V W フォルクスワーゲン トゥーラン。

取り回しが便利なコンパクトサイズのミニバンですね。

ゴルフやトゥアレグと同じく内装の天井(ルーフライニング)が経年劣化により剥がれてきます。

(before)

後方から見るとこんな感じ。

残念ながら完全に剥がれていますね(;^ω^)

念入りな養生を施し作業開始。

サンバイザーやルームランプを外していきます。

天井裏にバックカメラの配線が通してあるので要注意。

大きな天井。

内装を傷つけないように取り出します。

剥がれた表皮は再利用できません。

剥がして下地処理を行います。

事前に用意した新しい自動車内装用の生地で張り替えます。

純正よりも強度が上がるように、生地をコーナー部分まで裏側に巻き込みます。

(after)

張替え終わったルーフライニングを車内に戻して部品取り付け。

ランプの点灯確認もOKです。

このトゥーランは部品の脱着点数が多いです。また張替え難易度も独特な形状のヘッドコンソールのため非常に難しい。

2名で微妙な位置調整しながら綺麗に張替えました。

I 様にご確認いただきとても喜んでいただきました(^^♪

 

フォルクスワーゲンの内装天井剥がれでお困りの皆様、大切な愛車の修理は専門店にお任せください。

丁寧な施工は勿論、分かりやすいご説明によりご安心いただければ幸いです。

お問い合わせ、お見積もりは、メールでの受付で御座います。こちらからどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

コメントは利用できません。

カテゴリー