安らかに! 宇宙からやってきた偉大な天才アーティスト・キング オブ グラムロック デビッド・ボウイ 

昨日の夕方、仕事帰りに車内のラジオから・・・突然の訃報。

信じられない。

暫く心臓が高鳴り、呆然としてしまった。

昨日からずっと考えてしまいます・・・フレディ―・マーキュリーの時と同じ。

ラジオから曲が流れると自然に目頭が熱くなります。

ステイション・トゥ・ステイションの頃(80年代前半) カッコ良すぎ!

多感な頃にジギースターダストを聞いてショッキングだった事を思い出します。

そのせいで、レッツダンスが流行っていた80年代に何故かグラムロックにはまっていました。

ジギースターダストの頃(70年代前半)

「もう少し早く生まれていればっ」と嘆いた物でした。

やっぱり永遠の名盤「ジギースターダスト」が最高です、昨日から聞きまくっています。

今晩は、一番好きな曲「Rock’N’Roll Suicide」を聞きながら思いを馳せる時間にしよう、一杯飲もうと思います。

きっと、天国?宇宙?でマーク・ボランやフレディ―・マーキュリーとの再会を喜んでいることでしょう。

それはそうと、来年春には日本にもデビッド・ボウイ大回顧展がやってきます。

このアラジンセインツアーの衣装(デザイン山本 寛斎)も本物が見られるのかもしれません。

楽しみですね。

「ボウイ!素晴らしい音楽を教えてくれてありがとう!安らかに!」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください