BMW M4クーペ(F82) 内装リペア(その3、ステアリング擦れ) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂

またまた続きです。

BMW M4(F82)の内装リペア。

シートはOK。

ドアもOK。

追加になったステアリングをリペアします。

ドアとは、同じブラック系の本革ですが微妙に色が違う為、塗料も新たに調合して作ります。

(before)

思ったよりも範囲の大きい擦れた状態。

M4は、アルピナに似ている凝ったステアリングです。ステッチがお洒落でかっこいい。

しかし、リペアでは非常に厄介です・・・

下地処理後はマスキングして塗装工程。

(after)

綺麗に仕上がりました。

幸いにもステッチに塗料が付着するのを回避できました。

再びI氏にご確認いただき終了。

「ばっちりです!」と喜んでおられました。

 

今日は、M4に合わせてモータースポーツの雰囲気満点なタグホイヤー モナコ。

BMW M4クーペ(F82) 内装リペア(その2、レザードアトリム引っ掻き傷) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂  

前回の続き。

BMW M4クーペ(F82)。

レザーシートのリペアが終了して、担当I氏にご確認したところ、「OKなんですがこれも直りますか?」

と追加依頼になりました。

(before)

ウィンドウに近いブラックレザーに傷があります。

確かに遠目からでも目立ってます。

何か硬いもので引っ掻けてしまったような傷ですね。

マスキングして下地処理。

凹みは大きくないのでパテ成形はほんの少しだけ。

(after)

目立たなくなりました。

私は自分で作業しているので把握していますが、ご確認されたI氏はどのへんに傷があったのか全く気が付きません。

無事終了。

と思いきや更に追加依頼。

「ちなみにこれは難しいでしょうか?」と苦笑しながらステアリングを指さします。

続きは次回です。

BMW M4クーペ(F82) 内装リペア(その1、レザーシート擦れ、引っ掻き傷) 東京・杉並 輸入車内装修理専門店 なるほ堂 

埼玉県三郷市の販売業者様からご依頼です。

他店舗からのご紹介で出張施工。

お車は、BMW M4クーペ(F82)。

ピットに準備されていました。

事前にお聞きしていた内容は、レザーシートの擦れを補修してほしいとのご相談でした。

担当I氏は、「サポート部分なんですがちょっと範囲が広いです」

よくあるパターンだと思っていました・・・

この時点では、次々と作業が追加になるとは知る由もありません。

(before)

背もたれのドア側サイドサポート部分が擦れています。

座面も少々。

そして、ショルダー部分も。

クリーニングから作業開始。

ステッチをマスキングして下地処理を行います。

同時に塗料も調合作成、時間を掛けて丁寧に。

塗装用のマスキング。

(after)

背もたれのサポート。

座面のサポート。

背もたれのショルダー。

 

作業中に傷を発見、担当I氏に見てもらいます。

センターコンソール側の背もたれサポート上部に、引っ掻き傷です。

これはちょっと補修した方が良さそうです。

他が綺麗になっているので余計に気になるかも・・・

ご確認後、追加になりました。

そんな訳で、仕上がりはこちら↓

 

バケットタイプのレザーシートはどうしても乗り降りで傷んできます。

今回は、座面(ドア側サイド)、背もたれ(ドア側サイド)、背もたれショルダー(ドア側サイド)、追加になった背もたれ(センターコンソール側サイド)

計4か所

 

違和感なく仕上がりました。